本気でやらないなら帰りましょう

授業後の諸々がやっと一段落しましたが、
ちょっと頭に来ているので書いておきます。

今日の夜…
私は中2の一斉をやっていました。
その最中、
自習していた受験生が22時で一旦区切りになり、
22時帰宅にしている生徒は早々に帰宅しました。
良いですね、行動が早くて。
問題は…
その後も自主的に
勉強したいからわざわざ申請をして
保護者さんにもわざわざ遅い時間のお迎えをお願いして
そうして居残りしているはずの受験生が、
いつまでもうだうだやってるわけです。
このことについて、
私は随分言ってきたつもりです。
★居残りはあくまで自身の意志であり、居残りして勉強するのが善ではない。
★だらだらやってるくらいなら早々に帰宅し、入浴して、寝るなりもう少しやるなりした方が遥かに良い。
にもかかわらず…です。
3Aの子が自習している教室では、
周囲を気にせず黙々とやっている子がいました。
A教室から見ても、
後ろ姿は微動だにせず、
文字通り黙々とやっていました。
そんな子がいるにもかかわらず…です。
その子がどういう気持ちでやっているかを考えることも出来ない…
数名の子がいつまでもワイワイ、チャラチャラやってるわけです。
で…
見るに見かねて2年生が演習している最中に3Aの教室に行って言いました。

帰れや…

本当に口ばっかり…
★本気でやります
★何とか○○高校に行きたいんです

そう言ってたじゃん…
面談でも、
涙目になって言ってたじゃん…
それでいてコレなの?

本当に口ばっかり…

本気でやる。

その言葉の重みをもっと考えるべきです。
明日のブログに書きますが、
夕方の小6の漢字テストに向かう姿勢を本当に見せたいくらいです。
月曜日の英語教室生の、
テスト前の状況を見せたいです。

よほど受験生の雰囲気を出してます。

そして、
同じ受験生を見ても…
連日最後まで居残りして本気で勉強しているある子は、
そろそろ出てくるだろうと思ってましたが、
案の定出してきました。
自己ベストです。
どの学校も平均点を落としている中で、
前回比で30点以上上げての自己ベスト。

同じく…
休憩時間も自分のペースを崩さず、
居残り中も切り替えを意識してやっているある子…
その子も自己ベスト更新です。
学校平均ダウンなんてものともせず、
初めて450点の壁を越えてきました。

同じく…
早い時間から登塾し、
コツコツ積み重ね、
テスト直しにもしっかり取り組みながら、
継続して勉強に向かってきたある子…
その子は初の400点超えで同じく自己ベスト。

私は言ってきました。
夏を経て、
苦しい時期もあるけどそこを乗り越えれば、
12月、1月の実力でちゃんと結果は出るから!
と。

今あげた子たちだけではありません。
やっぱりやってる子が、
今やるべきことに真剣に取り組んできた子たちが、
出すべくして結果を出してきているのです。
勿論、もうちょいかかる子もいます。
でも、
やるべきことをやっていれば結果は出てくるのです。

逆を言えば…
やるべきことに本気で取り組めてない子は、
結果なんて出るわけないんです。

タネも仕掛けも無い、
当たり前すぎる話です。

数日前にも書きましたが、
私の偽らざる本音なのでもう一度書きます。

勉強舐めんなよ

まずい…
これじゃだめだ…
そう思うなら、
本当のラストチャンスです。
誰でもない、
自分次第です。
今日から…
もっともっと行動を変えるべきです。
3月に後悔しない為に。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です