来週こそ全員一発合格を!

冬期講習2020及び新年度に向けて中学2年生追加募集、小学6年生対象の中学入学準備講座のご案内はこちらです。
尚、既にご予約を頂いておりました中学2年生の皆様には、来週から随時お電話で無料体験授業のご案内と受講希望の有無を確認させて頂きます。もう少々お待ち下さい<(_ _)>

12月…師走です。
今日、明日と実力テストが続きますが、
テストが終えた子も、
明日にテストを控える子も、
まずは今すべきことにしっかり集中して勉強に取り組んで欲しいと思います。

今日のブログは小学生の英語教室に関してです。
上記でもリンクしているご案内Campus news Extra editionでも少し触れましたが、
来年は中学校の教科書改訂となり、
特に英語に関しては各方面で色々騒がれています。
が…
私が一番危惧しているのが小学校の英語です。
これ…
どれだけの人が危機感を持っているか分かりませんが、
ヤバいんですよね…
小学の英語の教科書(苦笑)

仮に…
仮にですが、
小学校でこの教科書でしっかり指導され、
英語の基礎基本をしっかり身につけて中学に上がれたなら、
来年の教科書改訂は大した問題ではないと思ってます。
私は。
でも、
現実はそうではない…
これは学校の先生の批判ではなく、
どう考えたった無理がある。
それが明らかなのに、
走り出してしまった…
正に暴走特急。
※そういえばスティーブンセガール最近見ないな…もう結構な年なのだろうか。いや、そもそも映画を見なくなっただけか(笑)

さて、話を戻します。
そんな状況下での英語教室なので、
私は今年の基礎クラス生はそれを踏まえて指導しています。
で、
毎週実施している確認テスト(通称CT)ですが、
昨日は残念ながら40点中37点という合格ラインにあと一点及ばずの子が1名。
それ以外の子は無事一発合格という結果でした。
残念ながらあと1点だった子も努力の跡は見えましたので、
何とか一発で追試を合格してもらい、
来週こそは…
全員一発合格を果たして欲しいと思います。
※今年度は未だ1回も無いので(-_-;)

いや、しかし…
前進してるな~と感じます。
ノートを見ても…

テスト結果も、
そして…
何より授業中の理解度も。
昨日で助動詞のcanを終え、
来週には進行形。
その後過去形の導入をやって冬休みに突入しますが、
英検は塾としては何の対策もしなくても多分受かるので、
過去問演習を冬休みに自学で頑張ってもらい、
冬休み明けに質問対応だけして、
全員合格出来るように頑張って欲しいと思います。

そして…
現在まだ最終決定には至っていませんが、
指導要領の改訂に合わせ、
来年度からは小学部の通常授業に英語を組み込みます。
それに伴い、
小学5・6年生部の授業の枠組みは来年度から改変し、
これまで行ってきた英語教室は今年度をもって終了とする予定です。
この英語教室は地域貢献活動の一環でもありましたので、
その活動はここで止めたくない…
ので、
違ったカタチのものを考え、
実行に移していきたいと思います。

おし…
今日も頑張ろ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です