学童スクール、勉強面構造改革進行中

またこの時間です…

いつもなら既にブログを書き終えて、

次の業務に着手している時間なのですが(-_-;)

急遽の仕事が飛び込んできたり、

自分自身でそれを作ってしまうようなミステイクを犯したり(笑)

まぁ、1つずつ地道にですね。

さて、表題の件です。

4月の開校以来、ちょっとずつ試行錯誤をしながら、

勉強面での取り組みの柱作りに努めてきた学童スクール生の勉強…

ただ、これが想った以上に難航しました。

※「勉強する」という意味での難航ではなく、我々が思っている「理想」にどうやって近づけていくかという「型」を作るという意味に置いてです。

✓スクール利用生の利用時間が個々でかなり差があること

✓学校の家庭学習の有無も個々で異なること

✓小テストの頻度や家庭学習ノートのスタートのタイミングも異なること

✓学年ではなく「個人」で集中力の上限も異なること

✓勉強時間をどんどん伸ばすのではなく、限られた時間内でこなすこと

そう…

あくまで「学童」であり、「塾」ではない。

でも「塾だからこそ学童」という特徴をどういう形で発揮していくか…

その辺ですね、悩んだのが。

で、夏休みまでの半年を踏まえ、

やっとそのベースとなる「型」が見えてきたかな…と。

で、それをあくまで「子どもたち自身」が管理し、

自分で学習を進めていけるようなツール作りが現在進行中です。

「単なるツール(紙)」といってしまえばそれだけですが、

そこには色々な意図、仕掛けがあるわけで、

当然そこには我々のこの13年間の経験も盛り込まれているわけで。

やっぱり最終的には「自学力」に尽きる…

そう思うわけです。

ということで、

あれもこれも…

同時並行で進める毎日ですが、

楽しみながらやっていきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL