2022.Mar17①合格発表を終へて…

令和4年度春期講習のご案内
既に説明会や面談のご予約を頂いているご家庭もいらっしゃいますが、春期講習のご案内をHP上に公開しました。
ご興味をお持ち頂けましたら是非こちらをご覧下さい。
ちなみに、学習塾を検討中はこちらもご覧下さい。

昨日は公立高校入試の合格発表でした。
結果的に、
泉教室としては開校17年目にして、
初めてこの日の発表を全員合格で終えることが出来ました。
最後の最後まで諦めずにやり切った受験生自身。
そして、
受験生を必死に支えてきた家族。
そんな親子の二人三脚があったからこその結果と言えるでしょう。
ただ…
もう1つ大きな要因があります。
それは

です。
というのも、
昨夜改めて考えました。
考えて考えて考えたのですが、
それでも…
16期生までと17期生の間に差があったとは思えません。
昨年も一昨年もその前も…
第一志望校への入学が叶わなかった子も勿論みな頑張っていました。
ある意味、
◆学校の先生から止められても頑として聞かずに前期を受け、見事に合格した子。
※学校の先生が止めたってことはそういうことです。
◆私立単願を進められても公立にかけて最後までやり切った子。
◆学校の面談で志願変更を進められても貫いた子
そういう子たちは例年より多かったかもしれません。
それでも今年は全員が第一志望校に合格出来た…
しかも、
これは17年目にして初のことです。
じゃあ、なんで?
と考えると、

やっぱり運

というのがかなり大きかったんだろうなと思います。
だから…
私は来年度も勿論18期生全員の合格を願いますが、
そこに強くこだわるのはやめようと思います。
だって…
それが自分自身プレッシャーになって、
受験生の将来よりも合格実績にこだわるような進路指導をしたくないし。

ということで、
今日からいよいよ授業も再開です。
新年度の幕開けとして、
今日からは18期生が先頭に立って、
後輩達に背中を見せながら頑張ってもらうことになります。
私たちも…
一人ひとりを伸ばすということを忘れず、
指導に努めていきます。

※最後に…
運が大きい…
そう記しましたがもう1つ再認識したこと。
それは、
入試は戦略をもって挑まなければいけないということです。
今年の上位校の受験生は恐らく数学でとれていません。
既に開示結果を報告してくれた子でもそうです。
実力や模試なら
90点以上ほぼ確実!
という子でも8割を切っています。
子どもたち自身が自覚してくれたことも大きいと思います。
そういう意味では…
やっぱり素直な子が伸びるってのは間違いないのだと思います。
ということで、
入試結果報告です。

秋田キャンパス21
泉教室第17期生入試結果

秋田高校6名
秋田南高校2名
秋田北高校5名
秋田中央高校4名(前期1名)
秋田高専6名(推薦3名)
秋田工業3名(前期1名)
秋田商業4名(前期2名)

※併願試験受験者全員合格

みんな…おめでとう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。