7/3blog①重要単元が続く…

★新着情報★ ※6月29日更新

①夏期講習2019に関して
夏期講習2019の募集要項をHP上に掲載しましたので、ご興味御座います方はこちらをご覧下さい。

②来年度中学3年生に関して
現中学2年生部は、来年4月中学3年生への進級時に若干名追加募集を行います。早期予約受付を開始致しますので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

昨日は高校生Hがふらっと登場。

私は小学生の授業中だったのでゆっくり話は出来ませんでしたが、

ここから県大会が始まるので来ました!

と。

相変わらずの精悍な顔つきに、

笑うとくしゃっと崩れる表情。

甲子園目指して頑張れよ~!

では、本題です。

定期対策も終え、

中学部の授業も通常授業が再開し、

新単元に突入しています。

中学3年生は二次方程式

中学2年生は一次関数

中学1年生は一次方程式

加えるなら、

小学6年生も速さの単元に入っています。

勿論、どの単元も大切なわけですが、

やはり系統性が強くなる単元に関しては、

それを踏まえて授業も行っています。

だから…

普段はHP内の塾生用授業掲示板を使用しない小学生も、

今回は上記画像の板書をアップしましたし、

※まぁ、肝になるのは書いてることじゃなく、その前に時間をかけて説明した部分なのですが。

復習(宿題)の際に演習手順を思い出しやすいように、

プリントも配布しています。

が、例えば6年生の昨日のCTは不合格者多数(-_-;)

ただ、不合格になった生徒ほぼ全員に当てはまるのが、

やはり宿題のやり方に問題があります。

分からなかった

そう口にする子もいましたが、

話を聞けば(やはり)授業板書の確認もせず、

解説もしっかり読まず、

必死に考えることもなく、

分からなかった

と言っているわけです。

※普段であれば授業開始時氏にHWチェックをして、不明点を(私が必要問う判断すれば)説明してからCTという流れですが、昨日は意図的にそれもしませんでした。

で、それに対して私が言ったことは同じです。

分からなかったんじゃなくて、

分かろうとしなかったからだよ?

だって…

本当に分かろうとするなら、

授業のノートを見ますよね?

テキストの例題を読みますよね?

テキストの解説を見ますよね?

授業板書の画像を見ますよね?

そういうステップを踏まずに、

分からなかった

ってのはちょっと違うんです。

これ、勉強のやり方に関しても同じですね?

最近は塾内でもかなり減りましたが、

勉強のやり方が分かりません

と口にする子は少なくありません。

が、

本気で出来るようになりたい子はそんなことを言わないと思うんです。

例えばサッカーで、

コーチ!

俺、上手くなりたいんですけど、

練習の仕方が分かりません!

なんて言うかって話です。

チームに属しているなら、

そのチームで練習しているメニューがあるはずです。

その中で、

自分が出来ていないことをやれば良いだけでしょう。

加えて私の経験上…

こういうことをことあるごとに聞いてくる子ほど、

それを実践しません(-_-;)

だから、成果も出ない…

それでは意味が無いと思うんです。

あ…話が逸れてます(笑)

伝えたかったのは、

どの単元も今本当に大切な単元をやってますよ?

小学6年生は今の単元で躓くと、

中学1・2年生の方程式と関数に響いてしまいます。

中学1年生は今の単元をしっかり定着させておかないと、

この後の比例、中学2年生の連立、3年生の二次方程式に影響してしまいます。

中学2年生は一次関数をしっかり理解しておかないと、

中学3年生の関数に響くし、何より高校入試の超重要単元なのでそこにも影響します。

だから、

テスト終了したことに安堵せず、

やるべきことをしっかりやりましょう!

ってことです。

みなさん…

頑張りましょう!

追記

昨日でほぼ程度結果が出揃った定期テストですが、

全学年でのTOP3は、

①中学2年生R 498点

②中学1年生R 497点

③中学1年生K 492点

となってます。

加えて、

自己ベストを更新した子も結構出ています。

が、中学1年生はやはりと言いますか…

ここ最近目にしていなかった平均点でした。

まぁ、取れすぎているのも納得(-_-;)

※ちなみに…英語は附属を除く21名の平均が98点です。いくら何でも高すぎる…

1年生はまだ問題すら見ていないので、

これから問題を見て、

しっかり考察していきたいと思います。

全体としての結果も改めて公表する予定です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL