2018冬期講習4日目~点数が上がっていく子とそうならない子の差~

★更新情報★平成30年11月23日更新情報
平成30年度の冬期講習及び新中学3年生の追加募集、及び平成31年4月入学の新中学1年生の入学準備講座、31年4月利用開始の小学生対象放課後児童支援学童スクールのご案内を掲載しました。
ご興味御座います方はこちらをご覧下さい。
※学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

冬期講習もあっという間の4日目…

今日で中学3年生は講習日程の1/4が終了となります。

そして、そんな受験生の講習授業ですが、

毎日毎日受験生自身が時間の大切を身に染みて感じながら進んでいるように感じます。

昨日も…

私がよくやる方法で

「やってる子」と「やったつもりになっている子」、

そして「やってない子」をふるいにかけたわけですが、

まぁ…

一目瞭然でした。

その差は。

結果を出す子は、

やはりやるべきことを、

当たり前に

やっているんですね。

対して、

数字に出てこない子…

そこが出来ていないんです。

これまでも何度も何度も同じ方法でそれを伝えてきたわけですが、

昨日はそれを痛感してくれたように感じました。

すべきことをする。

当たり前にやるべきことを、当たり前にやる。

同じ塾に通い、

同じ講師に勉強を習い、

同じような毎日を過ごしているのに違いが出るのは、

能力が違うからではありません。

※その差が0だとは言いませんが…

あいつは頭が良くて、

自分は頭が悪いからではないんです。

※それを自覚してもらえるようなことをやっているので。

感じたことを、

心の底から「そうだな…」って思ったことを、

すぐ実行に移し、

自分自身をガンガン高めていきましょう。

頑張れ、14期生。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL