March.5①中2の150問テスト結果

最新NEWS(2021.02.18)
春休みの無料体験会のご案内はこちらです。新年度に向けての通塾や転塾をお考えの方は、是非ご覧下さい。

 

昨日書こうと思っていたけど、
結局そのままになってしまっていたのでそれについて。
3月2日の中2一斉では過去分詞を含めた単語150問テストを実施しました。

新年度の教科書改訂…
新中学3年生に関して私の懸念材料は1つだけ…

単語

です。
ぶっちゃけ、
原形不定詞と現在完了進行形、仮定法に関しては大丈夫。
※既に中学1.2年の文法でも不安が大きい子は別です。それはこれらの文法が入ってくるか来ないか以前の問題。
ただ、
単語に関しては話が別。
単純に覚えるべき量が増えるわけですから、
早め早めに全て手を打っていくのですが、
その第一歩となるのが先日のテストでした。
範囲は約200個の単語で、
150問のテスト。
その結果ですが、
体験生と新入塾生を除く24名中、
一発合格が10名。
ちなみに合格点が149点で、
140点以上での不合格が8名。
この結果をどう見るかは人によるでしょうが、

合格者はよく頑張った!
不合格者は練習不足!
としか私は言えません。

勿論、まずまず頑張ったかな?と思う子もいますが、
それでも…
一発合格をしている子たちは、
それ以上に頑張っただけということも自覚しなければいけません。

同じ量を覚えるのにも、
かかる時間も違うし、
当然その労力も同じではない。
でも、
覚えるまでやりさえすれば、
絶対に覚えられるわけです。

事実…
これまで私にスペルミスを何度も何度も指摘されてきたある子は、
見事満点一発合格でした。
だって…
それに見合う努力をしていたから…
単語帳を作り、
何度も何度もそれを使って確認し、
そうして

満点を取れる準備をしてテストに臨んだ

それだけ。
でも、
この「それだけ」を出来ない子が多すぎるから、
それを普通にやれる「だけ」で、
どんどん差をつけていけるんです。

分かっているけど出来ない…
のではなく、
分かっているからやる!
という姿勢に、行動に変えた子から変わっていきます。
変わりたいなら、
まずは行動を変えましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です