素晴らしい…5年生の頑張り

まずはお知らせです。
まだ半歩しか踏み出していない高校部ですが、
既に10名を超える卒塾生及び保護者様からお問い合わせを頂いております。
まだ仮ですが、
恐らく説明会は12月15日に開催したいと思っています。
12月15日(日)にしているのには、
ちゃんとした理由があります。
明確な。
今週中に確定し、
追って連絡を差し上げますので、
もう少々お待ちください。
そして、
連絡はまだだけど、説明会参加の希望がある
という子は、
事前に連絡を貰えると助かります。

では、本題です。
昨日は月曜日…
毎週恒例の小学生無料英語教室の授業日でした。
この教室…
「無料」というのを良いことに、
ある意味では私にとって一番理想的な形で授業を進めています。
で、結果的に…
週1回80分の授業。
しかも長期休暇中は授業無し。
年間30回にも満たない授業で、
小学生が英検4級、5級に合格します。
が…
ぶっちゃけ私の中では英検はどうでも良い…
私の中では、
1年間英語教室に通って、
中1の定期テスト4回全て8割は取れる
というラインを目標に指導させてもらっています。
というのも…
英検合格だけ考えれば、
小学生でも余裕で合格できるんです。
でも、現実問題…
英検を持っているけど、
中学の英語ではどんどん置いていかれる子は少なくありません。
というか、めっちゃ多いです。
そして、
これは秋田県の入試(英語)の特性とも同じで、
英検3級持ってても、
5割取れない子が多々いるわけです。
そういうのを全部ひっくるめて、
私の中で、

授業は超簡潔
それに、自学で小学生自身がどんどん力をつけていく

というカタチでやっています。
よって、
当然ながら自学にどれだけ時間を割き、
どれだけ真剣に取り組めるか?
そこでCTの差は大きく変わってきます。

で、本題に戻ります。
そんな意図でやっている英語教室は、
毎週必ずチェックテスト(CT)を実施していますが、
昨日の結果は…
50点満点のテストで、
43点
49点
36点
36点
44点
48点
46点
50点
48点
となっています。
ちなみに合格点は46点なので、
一発合格者は5名なのですが、
その中の3名は5年生です。
ちなみに先週も…
その前の週も…
その前の週も…
5年生は全員一発合格を続けています。
ちなみにその3名は5年生部の通常授業にも参加しているので、
そちらの宿題もあります。
習い事や部活で多忙な子もいます。
それでも…です。
それでも、
しっかりとやるべきことをやり、
真剣に努力し、
こうして結果を出し続けているのです。
私は昨日不合格だった6年生の出席カードにこう書きました。

5年生を見習おう!

5年生は楽して一発合格になっているのではありません。
もっと言えば、
6年生で一発合格している子もそうです。

やるべきことをやっているから合格している

のです。
私から見ても、
率直に素晴らしいと感じるこの5年生トリオ…
この頑張りを続けて欲しいと思いますし、
6年生には刺激を受け、

俺も負けてらんねー!
私だって絶対出来る!

そんな意識で、気持ちで、
しっかり取り組んで欲しいと思います。

頑張れ、小学生!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です