「免除」はされないから、自分でカバーする

まずはお礼からです。

卒塾生の…
だいき、なっちゃん、あやめちゃん…
後輩たちの為に有難う!
昨日、居残り自習生に差し入れしました。
そして、
Tせーお母様。
Yきお母様。
温かなお心遣いを有難う御座います。
心より感謝申し上げます<(_ _)>

さて、本題です。
昨日は水曜日…
水・木の夕方は道場部の授業があり、
私にとっては「癒し」の時間でもあります(笑)。
そんな中、
昨日はある6年生男子が登塾していました。
※それぞれの事情で他にも数名登塾していました。よく頑張ったね。

その彼が登塾した理由は、
金曜日の授業を家族の予定でお休みするので、その内容をやる為
です。

いや、結果的には…
その内容は出来ませんでした。
諸々の事情で(苦笑)
でも、彼は陸上記録会が終わって、
疲れもあったでしょうが、
自分が欠席する内容をカバーする為に登塾した…
それは事実です。

塾生にも伝えていますが、
学校の授業をお休みしたからと言って、手取り足取りカバーしてくれることはありません。
仮に…
入院等のやむを得ない事情で授業を長期間お休みしたとしても、
高校入試ではそこを考慮されません。
だって…

●●君は骨折で1ヶ月間学校を休んで、
その時に関数と質量計算と室町幕府と不定詞をやっていないから、
入試問題からその単元はカットしますね?

なんて対処はしてもらうことは出来ないのです。
じゃあ、どうすんの?
って話です。
それは、
自分がカバーする
のです。

勿論、
キャンパスで言えば私たち講師陣もサポートしますし、
その「カバー」がしやすいように授業掲示板を作成して、
画像も学習内容(ページ)も記載しています。
ここ数年だと、
附属中の先生の中には板書をわざわざ印刷して、
事前に配布しているという生徒想いの先生もいるようです。
※初めてその印刷された用紙を見た時私は感動しました。

ただ…
やはり、
あくまで「自分主体」
でカバーしなければならないのです。

これは今だけの話ではありません。
高校生になっても、
大学生になっても、
社会人になっても…
基本は変わらないのです。

ということで…
事情はそれぞれでも、
学校や塾、部活をお休みすることもあるでしょう。
が、
そんな時には「まずは自分でカバーする」という意識を持ってほしいと思います。

頑張れ、キャンパス生!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です