2019夏期講習9日目~中3が挑む小5算数~

おはようございます。
夏期講習も9日目で、
あっという間に今日から8月突入です。
早いですね…
本当にあっという間。
惰性にならぬように、
1日1日を大切にしていきたいと思います。

では、最初にお礼からですが、
卒塾生りお…
昨日はわざわざ有難う!
居残り受験生にプレゼントしました。
わざわざの心遣い…
去年の今頃を思い出すと、
懐かしいでしょ?
去年の自分に負けないように、
頑張ろうね。
そして、Sたろーお母様…
わざわざ申し訳ございません<(_ _)>
お気になさらないで下さい。
いつでも忘れて下さい。
チョップスティックス(笑)

そして、学童スクールのCちゃん、Aちゃんグランマ…
温かなお心遣い有難う御座います。
今日のお昼、
スクール生皆で有難く頂戴します<(_ _)>

では、本題です。
日々進んでいる講習授業ですが、
どの学年も私の中でしっかりとテーマをもって時間割を組んでいます。
で、その中で遊び心ももってやっているわけですが、
3Aクラスの数学は、
平面図形の時間いプラスαで小5の算数の問題もやったり…

こんなんとか。
中には、
親子で挑んだり、
姉妹で挑んだりした子もいるようです。

よいですよね…
そういうのが。

学力ってのは、
鍛えないと向上しません。
そこには、
ショートカットも無いし、
そんな簡単に一気にジャンプアップできるものでもありません。
※中には、そういう素養を兼ね備えている子もいるので、そういうケースもありますが…

そして、
こういう問題は私も質問対応にはなかなか応じません。
なぜか?
その子の学力向上の可能性を奪うことになるからです。

究極のとこ、
答えに辿り着かなくても良いんです。

「そういう意図」でやってもらっているので。
勿論、
授業内でメインで扱っているテキスト、
問題は必要なタイミングで解説しますし、
授業後の質問等にも必ず全て対応します。

が、
こういう遊び心で渡している問題は別(笑)

で、一昨日も質問にきた中3女子に言いました。
「●●ちゃんと一緒に考えておいで!」
●●ちゃんというのは6年生の妹です。
勿論、
5年生の算数だから●●ちゃんも出来る問題。
で、そういう問題を姉妹で一緒にあーだこーだ言いながら考える。

で、最初に解けた方はまだ悩んでいる方に教えたい。
そこからは、
ケースバイケース。

わが家でそういう状況になって、
兄が解けたら妹に説明させます。

理由は、
長男の壊滅的な「説明する力(笑)」を育てる為…
で、
妹がわけわからず不機嫌な顔になり、
お互いに不機嫌になる(笑)

どうしても妹に粘らせたい場合には話は別ですが…

やっぱり、
普段からの癖なんです。
思考する力。
粘れる力(忍耐力)。
こういうのは、
一朝一夕に何とかなるものではありません。
じっくり、
我慢強く、
成長を待つ…

学年に関係なく、
そういう子どもたちの成長に寄与できるよう、
塾も学童も…
努めていきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です