June.29①お母さん、大好きっすよ!

最新情報 ※6月22日更新
★卒塾生による高校受験体験記はこちらです
★これから塾選びをされる方にも参考になるよう学習塾選びのポイントをまとめましたので、ご興味をお持ちの方はご覧下さい。
★令和3年度夏期講習のご案内はこちらです。
夏期講習の募集状況は随時更新されますので、お気軽にお問合せ下さい。

まずは…
千葉県で尊い命が奪われてしまった事故ですが、
ただただ胸が痛いです。
あっという間の恐怖と痛みで命を落としてしまった子どもたち。
そして、
そんな愛する我が子を一瞬で失ってしまったご家族。
その本当の気持ちは想像を絶するので、
簡単に言葉になんてできませんが、
こういう痛ましい事故が起きないように、
自分自身も起こさないように、
日々生活しなければいけないと思いました。

そして、もう1つ本題の前に…
昨日に引き続き、
今日も定期テスト、実力テスト本番に挑んでいる子たちがいます。
最後まで…
集中してやりきってきてほしいと思います。

では、本題です。
といっても、
内容は余談っぽいものですが。
昨日、
中学生の保護者様には今回の秋田市内のクラスターを受けての塾の対処を連絡しました。
大学生講師は1週間勤務も自粛してもらうこと。
それに伴い、
今週の中学2・3年生の個別指導を一斉授業に振り替えること。
主にはそういう内容でしたが、
登塾した中学生にも直接その旨を講師陣から連絡しました。
そして、
ついでにと言ってはなんですが、
中学3年生には私なりに伝えておきたいことも話しました。
が、
そんな話の中で3年生のある男子生徒から出てきたのが表題の言葉です。

え?
おれ、お母さん大好きっすよ!

どうですか?
僕は、
こういうことを恥ずかしげもなく、
しかも笑顔で言える中学3年生の男子生徒を本当に素晴らしいと思います。
※反抗期真っ最中で「別に…」とかいう男子生徒も嫌いじゃないです(笑)

今の時代でも言うんでしょうか?
マザコンとか、
ファザコンとか、
私がもっと若い頃にはそういう形容もされましたね。
※本当は「マザーコンプレックス」は和製英語では、英語では「ママズボイ」と言います。

でも、
それってちょっと受け取り方が違うと思うんです。
親が子を愛し、
子が親を愛する…
これって、
至極当たり前のことなんじゃないの?って私は思います。
例えば、
親子でいくつになってもべったりなのは「おいおい(-_-;)」って思いますし、
親が何を言っても「ハイ、お母様!」とかもちょっと(というかかなり)不安になります。
でもね…
親が子を大切に思い、
子も親を大切に思うってのは当たり前。
※それを言葉に出来るかどうかってのはその人のキャラにもよるでしょうが…

ただ…
だからといって、
子に媚びる親でもいけないでしょうし、
その逆もまた然りなんだと思います。

年頃の子どもだから…
それを言葉に出来るかどうかは別として、
ちゃんと心の中では親をリスペクトし、
親を大切に出来る、
そんな小・中学生であってほしいなって…
私はそう思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です