やれば出来る、やったから出来た

まずはお礼からです。

Yせいお母様…

昨日はわざわざのお気遣い申し訳ございませんでした。

大したことはしていません。

本当にお気遣いなさらないで下さい<(_ _)>

と言いつつ、

講師陣皆で有難く頂戴しました。

有難うございました。

さて、話は昨日の小学生部の話です。

4月から、

いやもっと言うと5年生の頃から宿題について色々課題があったある生徒(苦笑)。

6年生になってからは以前にも増して、

それはもう毎週のように宿題の取り組み方、

漢字テストの勉強に関して、

私からくどくどくどくど言われていました。

それはもう、姑のように(笑)

で、先日…

つい2週間前にかなり時間をかけて話をして、

交わした約束が反故にされました。

よって、

私は2週間前に伝えたことを有言実行しました。

次こういうことがあったら、

もう時間なんて関係ない。

終わるまで絶対に塾でやってもらうよ?

まずは保護者さんと連絡を取り、

経緯をお伝えした上で許可を頂き…

✓やってこなかった分の宿題

✓適当にやってあった分のやり直し

✓漢字テストの勉強

✓算数の追試の勉強

全て完了するまでやってもらいました。

非常識ですし、

こんなことを塾のオフィシャルブログに書くのもどうなんだ?

って話ですが、

結果的にその生徒の勉強が完了したのは21時を回っていました。

※私は中学部の授業で対応できなかったので、佐久間Tに託しました。佐久間T、有難う!

が、その結果どうなったか?

翌日の授業で実施したCTも一発合格でした。

追試の常連だった子が、です。

見事一発合格。

※いっぱう合格したのは4名のみです。

更に…

授業前に実施している「計算ミニテスト」も、

初の1位。

※これに関しては、タイムも1位でしたが、そもそも全問正解が2名のみでした。塾のミニテストはタイム順に、かつ全問正解者のみがランキング入りです。

たった1回の居残りで爆発的に学力が伸びる…

そんなことは絶対に有り得ません。

が、

たった1回の居残りが、

その生徒の何かを変えるきっかけになったのは事実だと思います。

もうね…

嬉しいわけです、こういう変化が。

嬉しいわけです、こういう成長が。

そして、何より大切なのはこれを継続出来るようにサポートをしていくことです。

単発で終わらせない。

でないと、

本当の成長には繋がらないからです。

ので、

継続していけるように…

しっかりサポートしていきたいと思います。

そして、もう1つ…

やはり大切だと思うのが、

有言実行

です。

賛否両論あるでしょう。

私の考えが絶対に正しいなんて思っていません。

が、

私は、大人が繰り出す

これが最後だよ?

今回だけだよ?

という言葉のせいで、

子どもが「結局は何とかなる」という誤った認識を持ってしまうと思っています。

約束したことは、実行する。

自分が発した言葉には、責任を持つ。

これを大人自身が断固たる覚悟で守っていかなければならないと思うのです。

私だって…

正直胸が痛んだり、

「ここまでしなくても…」と思うことはあります。

※嘘つけ!という突っ込みはご遠慮下さい(笑)

でも、曲げちゃいけない。

それによって失敗することもあるかもしれない。

でも、

自分自身が有言実行しないと…

そう思っています。

と、話が長くなりましたが、

結果的にその子は「新たな一歩」を踏み出しました。

ので、

先述の通り、

そこから2歩目、3歩目と歩みを進めていけるように、

しっかり見守り、サポートしていきたいと思います。

ということで、今日からいよいよ6月です。

昨日、今日は面談ラッシュで、

対策特訓から新たに5名の仲間が加わる予定ですが、

一人ひとりが「きっかけ」を日々作れるように・・・

指導に励んでいきたいと思います。

おし、頑張ろ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL