2021.Nov1①サッカーシューズの話とCT報告用紙

昨日は衆議院選挙の日。
私も選挙に行って一票を投じてきましたが、
塾生のみんなも選挙権を持ったら、
しっかり行使するようにして欲しいと思います。

そして、あっという間の11月…
今日から11月号のキャンパスNEWS及びCT結果用紙を配布します。
先月からのCT結果報告は保護者様にも好評でしたが、
それ以外にNEWS題材ももっともっと考えて、
塾生にも保護者さんにも興味深いものにしていきたいと思います。

では、本題です。
完全なる余談なので、
興味がない方はごめんなさい<(_ _)>
他の競技はどうか知りませんが、
サッカーシューズはメーカーによって形の特性が結構あると私は思っています。
※実際にはどうなのかは知りませんが。
例えば、
ナイキやアディダスは幅が狭いとか、
ミズノやヒュンメルは幅が広いとか。
なので、
偏平足な私も息子も基本的にはミズノを使用しています。
※私は…スパイクはプーマのパラメヒコ、フットサルシューズは何でもよい(笑)

で、最近気づいたのですが、
同じメーカーでもシューズの強度が結構違うのかもしれないということです。
というのも…
見るも無残な感じなこのシューズですが、

一ヶ月ちょっとでこんな状態になってます。
ちなみに、
色は違いますが新品の状態と比較するとこんな感じ。

同じミズノのシューズでも、
このシリーズはダントツで消耗が激しい様な気がします。
※気のせいなのかもしれませんが(笑)

ちなみに、
このシューズはモナルシーダというもの。
で、
もうサイズアウトで履けなくなったものの、
一番強度的にも、
足へのフィット感でも息子にバッチリだったのは黄色のレビュラというシューズ。
なので、
このシューズを探していたのですが…
無い(-_-;)
ネットで探しても、
スポーツ店で探しても、
無い(-_-;)

こういうのって…
他のスポーツでもあるんだろうな~と思いますが、
やはり靴は基本中の基本ですから、
フィット感も抜群で強度も高く、
コスパが良いものが良いな~と思います。
ちなみに…
私のランシューもかれこれ4年以上使っていますが、
全く問題なく使えているので素晴らしいコスパです。
確か購入した時の値段が7000円程度。
ジムで最低週5は5キロ走るので、
それが4年間と言うとそろそろ壊れてもおかしくないレベルでしょうが、
全く問題なし。
もう、
生涯ランシューはこのままでいけたらと思います。
というぬっちぎりの余談を終え、
今日も頑張りたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。