焦るな

受験生は本日の授業を終え、
現在居残り自学中。
帰宅した子も、
自宅でしっかり勉強に取り組んでいることと思います。

小学生は既に年内の最終授業を終えましたし、
中学1,2年生も今日が最終授業日となっていますので、
今やっている授業が終えると年末年始休塾期間に突入となります。
中学2年生以下は、
折角の年末年始です。
ゆっくり家族で過ごして欲しいと思います。
※中3生には毎年大晦日に書いているブログがあるので、明日はそれをアップします。

そして表題の件です。
この時期、
中3生の中には必要以上に焦りを感じる子がいます。
気持ちは分からなくない…
高専推薦を受ける子は作文に走りたくなるでしょうし、
前期を受ける子はその過去問に走りたくなるでしょう。
でも…
焦る必要はない。
というか、
物事には全て適切なタイミングというのが有ります。
作文練習は、
適切な時期に必要な回数をやっておけば良い。
前期の過去問も、
適切な時期に必要な回数やれば良い。

私は高校入試も大学入試も推薦で不合格を経験しています。
だから、
断言できます。
推薦でも、
前期でも、
結果は保証されていません。
故に、
そこに懸ける気持ちを持つことは悪いことではないのですが、
それしか見ていないと…
結果が望むものでなかった時に目の前が真っ暗になります。
私が高校入試でも大学入試でも、
推薦でダメでも前を向けたのはあくまで一般入試を見据えて準備をしていたからでした。
※とはいえ凹みましたが(-_-;)

今すべきこと…
それは一人ひとり異なります。
でも、
推薦を受験するから全てを推薦に!
前期を受けるから全てを前期に!
ではなく、
高専の学力試験
公立高校一般選抜
があることを忘れず、
そこに向けてしっかり準備を進めていきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。