2021.Nov20①我が子を思う親の気持ち…

勝平補習から戻りました。
教室では、
受験生が補習を終えて自学をし、
定期を残す中学1,2年生がテスト勉強に励み、
小学6年生は修学旅行の振替授業を行っています。
※今日は代講で大器T担当。

私もこの後あれこれやることがあって、
夜は受験生面談となるので手短にいきます。

ここまで約1ヶ月…
毎週金、土の夜に集中的に17期生の進路面談を行ってきました。
※来週で終了の予定の確定
そんな中で痛感するのは、
やはり親は我が子の幸せを願っているってことです。
心の底から我が子の成長を願い、
心の底から我が子の幸せを願い、
出来るだけのサポートをしたいと思っているわけです。

だからこそうるさくも言いたくなるし、
だからこそ歯がゆい思いもするし…

でも、
やっぱり思うんです。

我が子を思うからこそ信じ、
我が子の幸せを願うからこそ我慢し、
我が子の成長を待つときも必要なのだと。
偉そうな書き方になってますが、
これは自分自身も毎日四苦八苦しながら考えていることなので(笑)

塾生の為に自分に出来ることは何か?
塾生の為に自分がすべきことは何なのか?

もっともっと追求していかなきゃ…

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です