2021.Nov11①こういう子が絶対に伸びていく

今日もテストに挑んでいる子がいますが、
しっかり最後までやりきってくることを願いつつ…
今日もブログをカタカタ書いています。

さて、表題の件です。
昨日テストを終えたある生徒…
テスト当日から、
早速自主的に登塾して自習をしていました。

テスト、手応えはどうよ?

私からの問いに対して、
彼は

いや~…何問かやっちゃいました(-_-;)

と教えてくれましたが、
その表情からは充実感も感じられました。
結果はどうなるかまだ分かりません。
目標としていた自己ベストが達成できるかまだ分かりません。
しかし、
結果を除外した勉強への取り組みとして、
今回の彼の姿勢は本当に素晴らしいものがあったと思います。
夏休み明けのCTはほぼほぼ一発合格。
部活が多忙でも、
それを言い訳にせずに勉強し、
表情からも「ちょっと疲れてるな~」と私が感じて声をかけても

大丈夫ですよ!

と笑顔で答え。
去年までと部活の状況も大きく変わり、
恐らく体の面でもきついと思いますが、
そんな中でも何とか時間を捻出し、
CTの勉強やテスト勉強も日々やり切る…
口で言うのは簡単ですが、
それを実践するのは容易ではない。
そして、思うんです。

今年の在籍生を見ても、
成績上位層の子ほど部活を頑張っています。
が、
それを言い訳にして勉強を疎かにすることはない。
でも、
中途半端な状況になる子ほど、
部活を言い訳にしたり、
習い事を言い訳にして、
勉強を中途半端にします。

違いは何か?
やはり当たり前の基準ですね。
習慣とも言えると思います。

テストは合格して当たり前。
勉強は毎日やるのが当たり前。

そういう基準をもって、
それを日々実践している…
そういう子は伸びないわけがないんだよなって。
そう思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です