2021.Nov10①意味が無い、なんちゃって勉強

今日も定期テストに挑んでいる子たちがいます。
「最後までやりきってこいよ~」と願いつつこのブログを書いていくわけですが…

昨日の小学6年生の一斉授業は、
前回授業でやった場合の数まとめTを告知無しで再度実施しました。
普通に考えれば…
前回授業でやって、
解説もしているわけですから、
満点を取って然るべき状況です。
しかし、実際は…
満点者は無し(-_-;)
のみならず、
中には点数ダウンする子もいました(-_-;)

前回の授業時に「解説した問題も含めて、しっかり直しておくこと」という話はしましたが、
その時点では「次回再テストをやるよ!」と言う話はしていません。
私の中ではかりたかったのは、
その状況下でどのくらいやってくるのか?
ということです。
テストがあるよ?と言われた時だけやるのか?
テストが無いと分かっているか復習すらしないのか?
勘違いしないで欲しいのが、
私は満点なら別に復習はしなくて良いと思ってます。
全部できるなら、
他にやった方が良いことが有るはずですし…
でも、

前回のテストで解けない問題が結構あった

という事実を踏まえ、
授業内でもその問題の説明もした。
のに、
その復習をしてこなかったから、
4日前に出来なかったことが今も出来ない…
この状況を看過して良いわけがないのです。
今年の6年生がよく口にするのが、

ちゃんとやってきました!

という言葉です。
でも…
ちゃんとやるというのはどういうことなのでしょうか?
抽象的ですね?
私には具体的な基準が見えない。
だから…
私の中での「ちゃんと」というのは、
テストで合格点を取れるように勉強し、
もしも追試になってしまったら、
それは絶対に一発合格できるような勉強をすることです。
これが「ちゃんとやる」という定義。

決して「頑張っていない」と言うことではありません。
でも…表題の通り、
なんちゃって勉強には意味が無いのです。
出来るようになってこそ勉強
忍耐強く考えられる様になってこそ勉強
そういう基準をしっかり持って、
勉強に取り組んで欲しいと思います。

おし…今日も頑張ろ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です