2022.Jun23①諦めなさい…

◆最新情報◆6月21日(火)
夏期講習2022のご案内です。ご興味御座います方はこちらからご確認下さい
17期生の高校受験体験記
をアップしました。ご興味御座いましたら是非ご覧下さい。

本日も余談からです。
私も気付けば42歳…
自分の中ではついこの前まで自分自身も小学生だったという感覚が確実にありますが、
それでも父親になり、
いつの間にか4人の子どもを授かって父親としての日々を過ごしています。

私の子育てのスタンスは塾内での生徒との接し方と本当に同じで、
目の前のことを一所懸命にできる人間になってほしい…
という思いを持って褒めるべきは褒め、
叱るべきは叱って今に至っています。

そして、
そんな中で大切にしていることが、
わが子を信頼はするが、
嘘もつくし、間違ったこともする前提で接する

ということです。
例えばドラマでもよく耳にするのが、
うちの子に限って、そんなこと…
みたいなフレーズをよく耳にしますが、
そんなん…
子どもなんだから
どこの子だって「そんなこと」をやってしまう可能性はあるでしょ?
というスタンスです。
それは「だから良い」ということではなく、
大切なのはそこからだと思っているということです。
大人だって…
間違えることはあるんですから…

あ、話が逸れそうなので戻しますが、
子どもを信頼するのと、
子どもの話を盲目的に信じるのは話が違う。
私はそう思っているというお話でした。

時間が無いので本題にいきます。
3年前に秋田までお越し頂いたり、
その後は「宇宙工学系に行きたい」という自塾生の進路相談にものって頂いたりと、
福岡のすみ先生
には今尚お世話になっております。
そんなすみ先生なので定期的にブログは購読していますが、
今日の記事は是非塾生にも読んで欲しいと思います。

特に、ここです…

僕は途中で、架空のサッカー少年に諦めろと言ったが、それは夢を諦めろ以外にもう一つの意味がある。

それは、普通の生活を諦めることだ。

努力が出来ない?
なら、
そんな絵空事を口にするのはやめなさい。
自塾でも伝えていますね?
志望校を秋田高校や南高校にするのは自由です。
が…
それに見合う努力をせず、
口だけ番長で成績なんて伸びるわけがないでしょ?
今目の前にあることも満足に出来ないのに、
遠い目標に向かって頑張るなんて無理です。
なら、そんな「目標もどき、夢もどき」は諦めましょう。

もしくは…
今までの「楽な生活」を諦めること…
すみ先生のブログではそれを分かりやすく伝えてくれていますね?

夢を、目標を諦めたくないなら、
今まで通りの「快適な日常」を諦めましょう!
ってことです。
これもいつも言っていることですが、

手に入れたいものがあるなら犠牲を払いましょう!

失うものがあるから、
手に入れられるものがある。
すみ先生のブログに書いているのもそういうことだと思いませんか?

自分がどうなりたいか?
どうありたいか?

それを考えて日々行動していきましょう。
頑張れ、キャンパス生!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。