2021.July27①夏期5日目~人口減が本当にまずい…~

夏期講習5日目です。
久しぶりに雨がぽつぽつと落ちてきました。
いつぶりでしょうか?
非常に過ごしやすい気温ですが、
今日もしっかり頑張っていきましょう。

また、
今日から高校の体験入学が始まります。
折角参加する子は、
しっかりと有意義なものに出来るようにして下さい。
そして、
終了後はさっさと帰宅し、
さっさと準備し、
登塾して勉強するようにして下さい。

昨日の授業中にも伝えましたが、
先週の3日間の授業を踏まえ、
休塾日にその内容の復習をしっかりやっていた…
少なくとも英語に関して言えば、
そう私が思える子は2名だけでした。

何が足りないか?
全てです。
受験生として、
何から何まで全然足りていません。

昨日の勉強が、
休み明けのテストの1点に繋がるものになったでしょうか?
昨日の授業で、
抜けていた知識をいくつ思い出せたでしょうか?
新たな知識をいくつ覚えたでしょうか?

授業を受けたという事実に意味はない。
新たな知識を覚え、
出来るようになる問題が増えた。
勉強としての成果はそこです。

今まで何度も何度も言い続けてきたことですね?
こうして毎日授業がある時こそ…
1日1日を、
1つ1つの授業を大切にして欲しいと思います。

そして…
体験で受講できなかった授業に関しては、
必ず自身で穴埋めして下さい。
僕らがサポートできるのは、
そこからです。
何もしていない子に出来るサポートは有りません。
社会に出ても、
自分が休んだら、
その穴を誰かが埋めてくれることは有りません。
やむを得ない場合も含め、
自分で開けた穴を埋めるのは自分!
そういう当たり前基準をちゃんと持って下さい。

で、やっと本題ですが…
時間がないのでササっと触れて終わりです(-_-;)
今朝の新聞に出ていました。

県人口94万人割れ
半年で約1万人減

昨年10月時点での国勢調査によると、
東北の各県の人口は、
宮城県230万3487人(全国14位)
福島県183万4198人(全国21位)
青森県123万8730人(全国31位)
岩手県121万1206人(全国32位)
山形県106万8696人(全国36位)
秋田県96万113人(全国38位)

6月(先月)の1ヶ月だけでも、
コロナ禍で比較的押さえられて社会動態は-199人。
それに対し、
自然動態が-830人。
中でも…
出生が349人に対して、
死亡が1179人。

これはもう、
本当に待ったなしです。
未来を担う子供たち…
そんなことはもう言えなくなります。
子どもたち自身が、
そもそも未来に希望なんて持てなくなってしまう…
そうして秋田を離れる若者が増加していけば、
秋田はどんどん厳しくなってしまう。
こんなに素敵な場所なのに。
こんなに自然に恵まれ、
こんなに最高の場所なのに。

他人任せになってはいけませんが、
何とか…
秋田を担う若きリーダーがどんどん誕生し、
そういう若者を全面的にバックアップするシステムを整え、
未来に希望を持てる秋田に…
そんなことを切に願います。

塾生からも…
そういう子たちが沢山誕生して欲しいな。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です