Feb.16①とりあえずの倍率確定と休校と…

まずはお礼からです。
N・Sお母様…
いつもいつも温かなお心遣いを有難うございます。
明日、受験生の一斉授業時にみんなに差し入れたいと思います。

そして、
遂に秋田県公立高校入試一般選抜の倍率が確定しました。
まぁ…
ここから多少は動くでしょうが、
※もしかしたら、過去例にない程動く可能性も?
秋田市内の公立高校でこれだけ定員割れが出ているのは、
私自身初めて目にしました。
その要因を考えると、
秋田高校の前期倍率が高すぎたことが1つ。
これは、
秋田、南を敬遠して、
北、中央を選択する子が増えた要因にはなっていると思います。
そしてもう1つ…
私はこっちの方が大きいと思うのですが、
中学校の進路指導も確実に関係していると思います。
例えば、
公立高校だって十分狙えるのに、
あと〇点は足りていないよ?
という話を出して、
早々に私立に決めてしまうような面談になっている先生もいるように思います。
勿論、
先生も生徒を思えばこそ話していることなのだと思います。
しかし、
その点数(合格ライン)が現実と乖離していることが少なくないというのもまた事実です。
それにより、
本来であれば
新屋
秋田商業
金足
秋田工業
に合格できる力がある子も、
早々に私立に決めてしまうとことも有ったのではないかと思うのです。
※工業も現状では1倍を超えていますが、高専の学力選抜を受けての当日倍率は恐らく1倍を切るのでは?

誤解の無い様に言っておくと、
私は私立に決めるのに否定的なわけではありません。
自塾の受験生でも、
今年1年で実力、模試共に大幅に伸ばし、
どちらも中央のラインに十分届いた上で、
自身の将来やりたいことからの逆算で私立高校を選択した子もいます。
素晴らしいことです。
ある子も、
部活を本気で頑張って、
その上で勉強もしっかりやるという決意をもって私立高校を選択しました。
とても素晴らしいことです。

でも…
場合によっては、
公立に向けて頑張りたかったのだけど、
公立高校に行きたかったのだけど、
面談での話に不安を覚え、
結局それを拭うことが出来ずに私立をやむを得ず選択したという子だっています。

この辺が、
秋田県の高校入試制度改革でどのように動いていくのか?
そこはしっかり注視しながら、
より良い方向に進んでいくように、
本当にちっちゃな力ですが、
何とか働きかけていきたいと思います。

いずれにせよ、
これから志願変更期間に入ります。
それを踏まえての最終の数字が出ないと分かりません。
現状で1倍を切ってるから一安心…
そんな勘違いをすることが無いようにして下さい。
倍率はまだ動きます。
そして、
何度も言っているようにそれは自分ではどうしようもないことです。
自分に出来るベストを尽くす…
そこだけに注力して今日も頑張って欲しいと思います。

そんな今日ですが…
キャンパスは休校です。
どうしても1月初旬の暴風雪を経験し、
信号が止まったり、
停電したり…
先日は大きな地震もあり、
コロナもある。
そういう状況下なので、
用心しすぎなくらいの心構えで考えるべきかなと思っています。
昨日休校に伴う対処はお伝えしていますが、
今日は受験生はズームインで家庭学習を!
中学2年生以下も希望者はズームインで!
そうでない子は、
いつも通りにやるべきことに取り組んで欲しいと思います。

来年は…
感覚ではなく、
明確なガイドラインを設けようと思っています。
前日の天気予報で風速が15m以上なら休校
とかですかね…
その辺はこれから考えていこうと思います。

最後になりますが…
先日、卒塾生のりゅーせーがわが家に奥様と結婚の報告に来てくれました。

幸せそうですが、
眉毛はどこかに忘れて来たようです(笑)
奥様もしっかりしている方でしたので、
末永くお幸せに…

ついでに…
先日のバレンタインにわが家のちび達が作ったチョコがこれです。

可愛い容器に入っていたし、
もっとあったのに、
大分食べてから気付いて写真におさめました(-_-;)

こうして、
父親になついてくれるのもあと何年か(笑)
限られた時間を大切にしたいと思います。

ということで、
休校ではありますがやることは鳥海山レベルにあるので、
コツコツ進めたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です