Jan.26①英語検定は簡単だった…

NEWS①
1月31日から中学入学準備講座が始まります。最新版のご案内はこちらです。ご興味御座います方は是非ご覧下さい。
NEWS②
通常授業体験生の募集も再開しております。1年以上募集停止していた中学2年生も進級による増席で募集を再開しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

まずはお礼からです。
S・Rお母様…
昨日は温かなお心遣いを頂き有難うございました。
講師陣皆で美味しく頂きました。
※わが家のちび達へのお心遣いまで本当に有難うございました。
またここからしっかり頑張ってもらいます。

さて…
昨日は小学生無料英語教室の授業日でしたが、
一昨日の英検の感想を聞いてみると、
基礎クラスはほぼ全員が

簡単だった

という感想でした。
恐らく、
発展クラスの子たちも同様かなと思います。
私がそれを通じて感じて欲しいのは2つ。

小学5年生だろうが6年生だろうが、
中学で習英語を見据えてやってさえいれば、
英検は対策なんてせずにもちゃんと合格できるでしょ?
ってこと。

そして、
たった1年…
いや実質10か月で20回ちょっとの授業で、
アルファベットやヘボン式ローマ字からスタートしたのにここまで来たのは、
誰でもない自分自身の頑張りがあったからだよ?
ってことです。
※勿論、ご家庭での親御さんからのサポートも大きなプラスになったのは言うまでもありません<(_ _)>

壁は高い方が良い…
目標は高ければ高い程良い…
確かにそれは一理あるでしょう。
でも、
実際は人に寄ります。
スモールステップで目標をクリアしながら、
凹むこともあるけど、
努力が実を結んで成功体験を積む。
その中で自信を深めつつ、
前進していく。
で、
気付いたら出来ることも増え、
当たり前の基準も上がっている。
そういう成長が大切だと思います。
いきなり高い目標だけ掲げても、
絵に描いた餅で終わったり、
そもそも第一歩を踏み出すのが億劫になってそれで終わったりしますから。

で、振り返ると…
今年の英語教室生もそういうステップで前進を続けて来ました。
毎回のCTの勉強をしては…
合格したり不合格になったり。
不合格になっては追試を受け、
合格するまで何度も受験し。
そうして、
やっている間は

嫌だ
やりたくない
なんでこんなことを…

そう思うこともあったでしょうが(笑)、
今振り返るとちゃんと前進している…
それって本当に大切なことだと思うんです。
※勿論目的意識を持てるような話も授業の中ではしているつもりです。

で、話を戻して昨日の授業です。
簡単だった…
自身で気付かないかもしれないけど、
たった10ヶ月でこれだけの成長が出来た。
そのことをしっかり自覚し、
経験として、
これからの勉強にも活かして欲しいと思います。
そして…
この1年の学習は英検の為ではなく中学を見据えてのものでしたが、
それがちゃんと意味があるものだったということも、
再来週の授業で体感してもらう予定です。
あくまで秋田県の高校入試(英語)では、

書ける

というのが前提です。
私が英検対策だけやっても中学英語につながらないと思う一番の理由はここです。
英検4級を持っている。
けど、
アルファベットのAすら正しく書けない子が何人もいました。
曜日や月すらまともに懸けない子が何人もいました。
そうすると…
ギャップが生まれてしまうわけです。
英検を否定するわけではありませんし、
英検自体は準2級以上は意味があるものだと思っています。
私は。
でも…
中学英語と英検の3級から5級はリンクしないと思うのです。
※勿論「全く」ということではないです。

ということで、
今日は諸々立て込んでいてこの時間なので、
どんどんお仕事進めたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です