Jan.20②熱き、中学1年生の戦いと卒塾生のまーちゃん

受験生も熱く頑張っている中、
中学1年生も激アツで頑張っています。
冬休み明けに実施された課題テストでは、
塾生同士の良い意味での熱い勝負が…
まだ結果が揃っていない子もいますし、
そもそも課題テストが実施されていない中学の方が多いのですが、

第1位500点(当然学年1位)←すげぇ(-_-;)
第2位498点(順位は未判明)
第3位493点(学年TOP10)
第4位492点

良いですね…
木曜日の時点で1位だったKは、
恐らく残念な気持ちもあるでしょうし、
無事満点で終わられたAはほっとしているでしょう。
そして…
492点、493点だった二人も、
「次こそは!」と思っていることでしょう。
この学年の子に共通して言えるのは、

やるべきことをやっている子が点数を取ってくる

というタネも仕掛けも無い、
本当に当たり前のことです。
逆を言えば…
あれこれ言い訳をしてやってない子は、
それなりの結果しか出ません。
それも当たり前…
やるか、やらないか?
小学1年生でも分かる、
当たり前のことですね?
力をつけたいなら、
点数を上げたいなら、
やるべきことをしっかりやりましょう。
それだけです。

そして、もう1つ…
今日の日中、
卒塾生のまーちゃんから電話が来ました。
受験生である16期生を応援したい…
とのことでした。
その気持ちだけで本当に十分なのに…
有難う。
私はゴルフは大学生の時に打ちっぱなしでやったことがあるくらいで、
全く分かりません(-_-;)が、
彼女を応援する気は満々です。
そして、
保護者様でゴルフを実際にされている方もいらっしゃるかと思いますが、
是非彼女を応援してあげて下さい<(_ _)>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です