700問の1dayテストまであと5日…

まずは昨日の小学生英語教室ですが…
残念ながら1名は追試となりましたが、
先週に引き続きまずまずの状況が続いています。

先週は助動詞can、
そして昨日は現在進行形…

内容的には中1の仕上げ内容に入っていますが、
やっと主語と動詞に対しての意識も上がってきて、
英文をパズルのように考えることが出来るようになってきた感覚があります。
冬休み前は来週の英語教室が最後となるので、
来週こそは…

全員合格を達成して欲しいと思います。
ちなみに…
昨日実施したCT内容は、

Q)あなたと一緒に行っても良いですか?いいえ、だめです。←完全英作

Q)あなたのお兄さんは英語を上手に話すことが出来ますか?←完全英作

などなど全15問。
で、合格は14点まで。
残念ながら追試となった子も13点でしたので、
追試は一発クリアしてくれるでしょう。

秋田の場合、
英語は「書ける」までもっていく必要があります。
入試問題を見てもそうですし、
各中学の定期テストも同じです。
にもかかわらず…
英検取得だけを目的にやっていると、

英検は取ったけど、定期テストや実力テストでは…

という状況になってしまいます。
今学んでいることをどこに繋げたいのか?
例えば、
将来英語圏の国で生活したいから、
会話力を高めたいのか?
例えば、
高校入試、大学入試を見据えた学習をしたいのか?
それによってやるべきことはかなり変わってきます。
※余談ですが、英検4級までは小学生でも余裕で取れるというのが私の持論です。対策さえすれば。でも…私は「あくまで中学英語」を柱として英語教室指導に取り組んでいますし、そのプログラムで勉強したら英検は別に対策なんてしなくても合格するはずなんです。

あ…
話が逸れたので、
戻します。

で、表題の件ですが…
今週日曜日には、
秋の勉強合宿に続くキャンパスの受験生恒例イベント、
1dayテスト
を実施します。
問題数約700問…
試験範囲は約2か月前に告知し、
そのテスト勉強に継続的に取り組んできた故に、
早速その成果が実力テストや模試で数字になってきた子も増えてきました。

そう…
何度も何度も言い続けてきましたが、
結局は

やった子は伸びるし、
言い訳をしてやらない子は伸びない

わけです。
実際、
今回の実力テストでも平均点が低いのなんてお構いなしで、
国語の自己ベストを大幅に更新してきた子がいますが、
その子は毎回しっかりとテスト直しに取り組み、
回を追うごとにその質の向上を感じさせていました。
だから…
結果が出ても何も不思議じゃないんです。

また話を戻します。
そんな1dayテスト前日となる土曜日ですが、
泉教室も勝平教室も補習を実施せず、
その勉強に思いっきり時間を費やしてもらうことにしました。

ここまでの積み重ねがある故に、
仕上げに打ち込める子は、
そこに全精力を注いでください。
対して…
ここまでの積み重ねに対しての反省がある子は、
今日から…
1点でも多くとれるように、
テストが始まる直前まで、
本気でテスト勉強に挑んで欲しいと思います衣。

頑張れ、16期生。

ちなみに、
去年の15期生の1dayテストの様子がこんな感じでした。

この日ばかりは勝平教室生も泉教室に登塾です。
保護者様方にはご面倒をお掛けしますが、
何卒宜しくお願い致します。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です