教え子の恩師が塾生保護者さんという…

今日は月曜日…
今週も定期テスト。
そして、
日曜日には受験生の模試と、
テストが続きます。
1日1日を大切にしてもらうべく、
私も1日1日を大切にしていきたいと思います。

さて、今日は世間は狭いというお話です。
開校から15年…
私がこの塾で指導で携わらせてもらった子は1,000名を超えています。
自塾の場合、
勝平教室も含めて私が授業を担当しない子はいませんので、
それだけ沢山の小中学生と実際に勉強をさせて貰ったことになります。
ですから、
既に結婚して子供を授かっている子もいれば、
プロスポーツ選手になった子もいます。
お医者さんになった子もいれば、
公務員になった子もいますし、
海外で生活している子もいます。

そんな事情もあって、
これまでも塾生にしても保護者さんにしても意外な接点は沢山ありました。
そして、つい先日…
ある保護者様が、
キャンパスの卒塾生でも指折りのヤンチャだった子の高校の担任だったということが分かりました。
その卒塾生とは今でも深くつながっており、
秋田に来れば必ずと言ってよいほど会いに来てくれ、
わが家の子ども達には

これ以上体重が増えたら出入り禁止です!

という強迫も受け(笑)、
それでもすくすくと育っているわけですが(笑)、
折角なのでその事実が分かってから卒塾生にも連絡しました。
すると…

その子は先生どころか、
お子さんの名前(=つまり現塾生)の名前

まで覚えていました。
その後、
私を中継地点としてちょっとしたLineのやり取りにもなったのですが、
いや~…

世間は狭い!

と痛感するとともに、
そのやりとりを見て、
私も沢山の刺激を貰いました。

先生と呼ばれるこの仕事ですが、
そこには様々なリスクが存在します。
先生、先生!
と呼ばれる分勘違いもしやすいでしょうし、
胡坐をかいてしまうと、
口だけ偉そうなコトを散々垂れて、
自分は棚上げ…
そういうことだって往々にしてあります。
ですから、
自身がそうならないように…
※もうなっているのでは?という突っ込みはご容赦下さい(笑)

目の前の生徒を見て、
その後ろにいる保護者さん、家族の想いを大切にし、
しっかり指導に努めたいと思います。

ということで今週も頑張っていきましょう。
間もなく社員MTです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です