やれば出来る国文法…

まずはお礼からです。
R子お母様…
そして、
Sうお母様…
温かなお心遣いを有難うございます<(_ _)>
講師陣で有難く頂戴致します。

今日は火曜日に引き続き、
私用で遅れて出社。
※ちなみに明日もです…講師の皆さん、スミマセン<(_ _)>。その分、ちゃんと時間を割いて馬車馬の如く仕事します(-_-;)
教室に入ってからは諸々をダッシュでこなし、
先ほど中学1年生の国文法の授業を終えました。

昨日の記事も国語関係でしたが、
今日は昨日の状況を踏まえて急遽入れた授業だったのですが、
やれば分かる…
やれば取れる単元なのに、
やっていないが故に苦手意識を持ったり、
必要以上にビビっている子もいます(-_-;)

なので…
実際にやればどれほど簡単なのかを身をもって体感してもらいました。

あの人は一体どこへ行ったのだろう
来年新しい音楽の先生が来るらしい

この辺の文節わけも、

彼はクラスの中で一番の親友だ
彼はクラスの中で一番親切だ

この辺の単語分けも…

まず大丈夫でしょう。

もしテスト本番で、
補助動詞、補助形容詞の切り忘れ…
形容動詞と名詞+だの判断…
この辺で間違えたらゲンコツしますと男子生徒には伝えているので(笑)、
しっかり復習してテストでは満点を取って欲しいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です