川柳クラブ…

合宿の振り返りシリーズも終わり、
無事NEWSも入稿したので、
※単にNEWSとブログをまとめただけじゃねーか!という噂もありますが(笑)
今日は余談で。

いや、
しかし…
子育てってのは大変なことが多いですね。
確かに楽しいし、
子どもがいればその分嬉しいことも、
幸せを感じる瞬間も多いです。
※これも反抗期に突入したらどうなることやら(-_-;)
でも、
やっぱり大変なことも多い…

とは言え、
現状では楽しさの方が勝っているので、
この時間が出来るだけ長く続くようにしたいと思うのですが、
そんな中…

わが家の長男が初めての小学校のクラブ活動で川柳クラブに入ったそうです。
中々出来ない経験なので素晴らしいと思う反面、
なぜに川柳?
という思いも(笑)

よくよく話を聞くと、
第1希望が却下され、
第2希望も通らず、
第3希望の川柳クラブになったとのこと。

本人もまんざらでもない…
そんな感じだったのですが、
昨日は初めてのクラブ活動の日だったそうですが、
初日の作品は…

★妹と 喧嘩しない日 少ないな
★妹が 仲良く遊び 楽しそう
★おじいちゃん 遠い場所から 来てくれる
★最近は 家の愛犬 うるさいな
★家の中 いつもにぎやか 楽しいな
★お母さん おいしい料理 ありがとう
★お父さん いつも朝練 ありがとう

でした。
※本人ノートより無断転載(笑)

小学4年生らしいほんわかした作品ですが、
ここからどの程度まで成長するのか?
楽しみです。
季語を入れたり、
倒置法を使ったり…
大人な作品になる日が来るのか…
楽しみに待ちたいと思います。

おまけ話①
最近のわが家の4子の中で中で最もイケイケな次女…
小学入学を控え、
言葉遣いも一層生意気に大人になり、
朝活も積極的です。
出来る楽しさ…
それが自信につながり、
更に意欲的になる。
やはりそういうサイクルに到達することは大切ですね…

おまけ話②
やっぱりチャレンジは素晴らしい…
最近改めて痛感します。
小学生用の教材も色々見てきましたが、
あくまで
★家庭学習で
★親がしっかり付き添い(中にはそれは不要な子もいるでしょうし、段階的に手を放す必要がありますが)
★ペースを守って
やるとなると最強の教材だと思います。
恐らく…
申し込みをして、
毎月届けられ、
気付けばどんどん積み上げられていく…
そういう状況が多いのだと思いますが、
やはり最初は親のサポートが不可欠だと私は思います。
野球をやりたい…
もしくは我が子にやって欲しい…
そういう思いで、
グローブとボールを子どもに買ってあげたら、
あとは勝手に練習して上手くなっていくのか?
否、です。
勿論、
中に入るでしょう。
グローブとボールを与えられただけで練習に没頭し、
壁を使い、
一生懸命に毎日練習し、
どんどん上達する子も。
でも…
大多数の子は、
「最初のサポート」が必要でしょう。
それをやらずして、
折角とっているのに何でやらないの?
というのは、
ちょっと厳しい話です。
例えるなら、
ダイエットしようかな…
そう思って瞬間に、
誰かにシューズとトレーニングウエアだけを与えられ、
なぜ運動をしないの?
どうして買ってあげたのに痩せないの?
そう言われているようなものです。
とは言いつつ…
何でもしっかりやれば学力がついていくというのは間違いないのですが。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です