7/30(木)夏期9日目~部活、クラブを言い訳にする人は…~

まずは余談からです。
先日…
コンビニだかどこだか忘れましたが、
店内で流れている音楽に合わせて長男が歌い始めました。

なんでこの歌知ってるの?
と聞きましたが、
はぐらかされ…
何か耳には残っていたものの、
何ていう曲かも知らずそのことは忘れていたのですが、
つい2日前…
その曲が「香水」という曲であることが判明。
で、私もちゃんと聞いてみたんですが…
良い曲ですね。
普段は洋楽中心で聞くのですが、
今はこのブログもその曲を聴きながら書いてます(笑)
もうちょっと時代に敏感にならないと…

では、本題です。
一昨日の中学1年生に続き、
2年生はこの夏期講習で初めての一斉形式での授業となりました。
毎日のように教室で顔を合わせていても、
じっくり顔を見て、
目を見て授業をするのはやはり違います。
授業…楽しいな(笑)

で、そんな昨日の授業でも、
クラブや習い事の関係で遅刻参加する子がいました。
当然、疲れもあったでしょう。
それでも…
教室に到着するとすぐ勉強道具を出し、
やること(他の子たちがやっていること)を伝えるとすぐ勉強を始めました。
限られた時間の中で真剣に授業に参加していました。
当たり前と言えば当たり前です。
塾は「通わせてもらっているもの」であり、
親はそれに対する責任で費用を負担しているわけですから、
当然当事者である自分は真面目に勉強するという義務があるわけですから。
でも…
そんな当たり前のことをしっかりこなしている塾生を見ると、
私は本当に嬉しく思いますし、
しっかりサポートしなければいけないと感じるわけです。

対して…
そういう子がいる一方で、
部活やクラブを言い訳にして、
勉強を疎かにしている子もいます。
それってどうなん?
私は率直にそう思います。
※まぁ、思うだけでなく直接伝えていますが。
そして、
部活やクラブを言い訳にして勉強を疎かにする子は、
かなりの確率でその部活やクラブも中途半端になっています。
これは開校以来、
今日に至るまでの経験から言えることです。

部活、クラブを本気でやる子は勉強もちゃんとやる。
対して
中途半端な子は、どっちも中途半端。

ごく一部の例外はあるでしょうが、
これは事実です。
で…
思うんです。
それって今だけでなく、
結局はそこから先にも繋がるんだろうな…と。

好きでやっている競技なら、
それを言い訳にして本来やるべきことを疎かにするのが、
どんだけカッコ悪いことなのか?

思い当たる節がある子には今一度考えてもらい、

好きでやっている競技だからこそ、
それを言い訳にせず本来やるべき勉強も大切にする…

そういう意識で日々過ごして欲しいと思います。

頑張れ、キャンパス生!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です