7/28(火)夏期7日目~頑張ってるつもり…~

新型コロナに加えて、
心配していた蝗害もその被害が日増しに拡大し、
米中関係も…
私達が今まで当たり前としてきたことが、
あっという間に当たり前でなくなることを新型コロナの問題で痛感しています。
だからこそ、
正しい情報を得て、
自分に出来ること、
出来ないことを判断しながら、
自分に出来る対処をとっていくことが大切ですね。
中学生の皆さん…
YoutubeもTikTokも良いでしょうし、
ゲームも良いでしょうが、
ニュースを見て、
世界で起きていることを知り、
その上で自分なりに考える時間を設けて欲しいと思います。

では、本題です。
昨日は数名の中3生を一喝しましたが、
隣りの教室で小学生が真剣に…
それはそれは真剣に勉強しているというのに、
授業時間に当たり前にトイレに立つ中学3年生。

勿論どうしてもやむを得ないことだってありますから、
それは理解しています。

でも、
夕方までは1コマたった70分…
授業前にトイレに行くことが出来ませんか?
眠気に襲われるなら、
そうならないような生活リズムづくりに努めているのですか?
根本的な「意識」が低すぎる子がちょっと目につきます。

良いでしょうか?
受験生がこの時期に勉強を頑張るのは当たり前なんです。
学校から直で登塾して勉強している…
確かに、
それを「頑張っているね?」と評価する人もいるでしょう。
でも、
小学生も当たり前にそれをやっています。
しかも…
中には中学3年生と同じレベルか、
それ以上の集中力で机に向かって黙々勉強している子もいます。
そして、
そんな小学生は多分

自分は頑張っているなんて思っていません。

★今日のこの課題をしっかり終わらせよう!
★このプリントをしっかり解こう!
そういう目的の元、
目の前に集中して取り組んでいます。
にもかかわらず…

ソンナショウガクセイヲミテ、ナニモカンジナイノカ?

本気でそう思ったので、
昨日はある3年生には言いました。

隣りの教室の小学生の様子を見て来い!

と。
高校受験に挑む中学3年生が小学生と同じ…
いや、
それ以下の姿勢で勉強していては論外なのです。

話を戻します。
今年の中学3年生
現状ではまだ成績的に全然届いていない高校を目指している子が多いです。
私自身はそれは全く問題だと思っていません。
むしろ、
行ける高校ではなく行きたい高校を目指す
ということは素晴らしいことだと思っていますし、
だからこそしっかりサポートしていきたいと思っています。
でも…
あくまで僕らに出来るのはサポートなんです。

勉強するのは誰でもない自分自身です。
成績を上げるための努力をするのも、
成績を上げるために覚えるべきを覚えるのも、
成績を上げるために必死に頭を使って問題を解くのも、
入試当日に目の前の答案用紙と向き合って必至こいて解いてくるのも…
全部自分です。

誰かがやってくれるんじゃない…
自分でやるんです。

にもかかわらず、
自分の意識が低く、
出来るようになる為の勉強を日々出来ていないのに、
どうして現状で届いていない高校に合格できるのか?
無理でしょ?

大前提を忘れてはいけません。

現状の自分のままでは難しいのだということを自覚しましょう。
現状のままでその高校に十分入れる力を持っている子がかなりいるのだということを自覚しましょう。
自分が頑張っていると思っている時にも、
その現状でも入れる子も…
いや、
そういう子たちほど勉強しているのだということを自覚しましょう。

現状で差がついているということは、
ここに至る過程で、
その差をつけるだけのことをしてきた子たちがいるのです。
それを自覚しましょう。

私が言いたいのは「無理だ」ということではありません。
自分の現状を理解し、
すべきことを明確にして、
自分なりの基準ではなく、
高校入試という基準の中で考え、
求められるレベルまで上がっていくことを考えましょうってことです。

高校入試まであと7ヶ月半…

自分がどう過ごしていくべきなのかを改めて考え、
今日を大切にして、
しっかり勉強に向かいましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です