4月27日月曜日②ノート添削からの~

中3のzoom一斉、
その後諸々こなし、
今日こちらから提出をお願いした生徒分のノート添削も終えました。
ので、
私も今からCTの〇付けに参戦します。
が、その前に…

今日の3年生のノート添削を終えての率直な感想として、
私は言いましたね?

授業後、直ぐに直しをやりましょう!

と。
本当はその時間も取りたかったのですが、
既に授業時間をオーバーしていたので、
だから「この後直ぐにやるように!」と言いました。
が…
今日添削した生徒の中で、
直ぐに直しまでやっていたのは、
「もも」のみ。
ちなみに、そのやり方も言われたことを守って出来ていました。
そもそも…

単語練習の期間もこれだけだって、
日々のお品書きにも入っていたのに、
単語すら書けない…

その状況に対する危機感が無いように思います。
単語ですよ、単語。
そもそも、
ユニット1と2は、
4月にテストをするから練習するように!
というのを、
春期講習の時点から告知していたわけです。

にもかかわらず…
書けていない。

いや、忘れている子もいるでしょうから、
書けていないということ自体は良いんです。

でも、
それを踏まえての対処が出来ていない…

問題はここです。

加えて…
日々、あれだけ和訳の重要性を伝えているのに、
それをやっていないのだから、
今日で言えばp25の⑥(13)p47の⑥(1)…
こういう基本的な内容ですら、
対応できないわけです。
事実…
日々和訳に取り組んでいる子は、
この辺は全然余裕です。
当たり前です。

やっているから、出来るようになる…

ソレダケの話です。

こういう1つ1つの経験を、
自分にどう生かしていくのか?

大切なのは、そこです。
しっかり次につなげていきましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です