当たり前の日常の有難さ

今回の新コロナショック…
休塾期間も毎日あれこれやっていたつもりだったのですが、
元々抜け作なのに、
今回の騒動では対応に意識が行き過ぎて、
抜けていることが多かったことを自覚(苦笑)
「今日から授業」
という日常が戻り、
意識も春期講習にしっかり向かうことで、
自覚できるという…

「当たり前の日常」
「やるべきことに集中できる環境」

の有難さを改めて痛感します。
※勿論コロナの感染要望には最大限注意を払うのは変わりませんが。
ということで、

★春期からの初参加生向けの資料作成
★令和2年度英語教室用資料

が完成…
ちなみに、
こんなことは無かったレベルで、
今年は小学生の無料英語教室の参加希望が少ないので、
ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。
小学5・6年生対象です。

そして…
恐らく小学生無料英語教室は今年度で最後になると思います。
というのも…
小学校の指導要領改訂を踏まえると、
やはり英語は通常授業に組み込む必要がある。
それを踏まえて…
この4月からはちょっと試験的な取り組みを行い、
必要に応じて年度途中から「新形態」に移行することも考えています。

全ては塾生の為に…

子供たちのことを第一に考えて、
やっていきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です