苦しい時こそ、その先にある成長にフォーカスする

★秋田県高校入試前期選抜まであと…0日!
★国立秋田高専学力試験日まであと…18日!
★秋田県高校入試一般選抜まであと…36日!

あっという間に前期選抜前日です。
早いな…本当に。

今年は前期選抜受験者が多めですが、
どの子もここに至るストーリーがありました。

叱りまくった子もいれば(笑)、
自分のペースを作り、
私から特に何を言うでもなく今日まで頑張ってきた子もいます。

でも、どの子にも共通して言えるのは…
今日までしっかりやりきってきたことです。
大切な入試前日ですから、
最善を尽くし、
明日の本番に向かっていきましょう。

で、表題の件です。
1月に入り、
例年同様に受験生と二人で話す機会がぐっと増えました。
※それまで話していなかったわけでは決してありません(笑)
苦しい思いを打ち明けてくる子もいれば、
勉強の優先順位に関して相談に来る子もいます。
溢れだす涙を拭いながら話をする子もいれば、
笑いながら話をしている子もいます。
※今年はこの時期になっても、ど説教をされる子もいます(-_-;)

ただ、全体としてみれば、
辛い、苦しい…
そういう状況にある子の方が多いと思います。

そりゃあ、そうです。
入試だもん。
人生で数回しかない入試に向けて、
必死に勉強している最中なんだもん。

でもね…
その苦しさだって、
自分が必死になっているからこそのものなんだって…
私はそう思ってます。

私は自分では精神論者ではないと思ってますが、
※周囲がどう思っているかは分かりませんが(笑)
それでも…
やはり、
成長に「生みの苦しみ」は不可欠だと思っています。
こんな素敵な言葉もありますよね…

There is always light behind the clouds.

大丈夫。
あるラインを越えていけば、
ちゃんと視界が開けているから。
その先には、
明るい未来が待っているから。
だから、
そこに向けて一歩ずつ歩みを進めて欲しいと思います。

で、
改めてです。
昨日ある生徒とも話しましたが、
辛い…
苦しい…
そういう状況にあると、
どうしても何かに頼りたくなる…
もしかすると、必殺技の様なものがあるのでは…
そういう気持ちになると思います。
その想いは、めっちゃ分かるんです。

でもね…
やっぱり最後は自分です。

サッカーが上手くなりたければ、
野球がうまくなりたければ、
バスケが上手くなりたければ、
水泳のタイムを上げたければ、
陸上のタイムを上げたければ、

最後は自分です。

やるべきこともやっている。
一生懸命頑張っている。
そういう自分に自信をもって、
今までやってきたことを信じ、
結果を出してきた自分を信じ、

そういう中で修正出来る何かがあるのかを考えながら…
やり抜くことです。

大丈夫。
その先に絶対に「結果」が待っているので。

頑張れ、15期生。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です