冬期講習8日目!2020年幕開け

★お知らせ★
①高校部に関して
高校部にご興味が御座います方は直接メールかLINE@、このブログのコメント欄等でその旨をご連絡下さい。高校部の概要をご説明差し上げます。
尚、現中学3年生に関しては、説明会後も数件お問い合わせを頂きましたし、15日の説明会は生徒自身が1dayテストを受験しておりましたので、ご希望の方向けに入試終了後に改めて説明会を実施致します。そちらについては改めてご案内をさせて頂きます。
②泉教室新年度募集に関して
新年度(令和2年度)の塾生募集は以下の通りとなっております。
★新中学3年生の追加募集(残席数席)
★新中学1年生(残席僅か)
★新小学6年生以下
また、新中学1年生向けの「中学入学準備講座」のご案内は近日中に公開いたしますのでもう少々お待ち下さい。

★本日の記事★

おはようございます。
冬期講習8日目、2020年元日です。

今日も既に教室では受験生が勉強に励んでいます。
今日の私の担当は1コマ目3A、
2・3コマ目が3B。
で、現在3Aは社会の過去問演習中なので、
様子を見ながらこのブログを書いているわけですが、
※解説が始まるまで、この時期の中3になると机間巡視はしなくて大丈夫なので。中学1・2年になると話は変わりますが。
授業前に聞きました。

昨日帰宅後に改めて確認、解き直しをして、
勿体ない間違えがあった人~?

これに対し、
手を挙げたのが1名を除き全員。
※実はその1名も勿体ない落としは有ったのですが(笑)英作文で。
そう…
あとは「それ」をどれだけ減らし、
取るべき問題をしっかり取り切れるかなんです。
秋田の場合、
最難関高校でも85%取れば合格です。
つまり…
1教科につき15点分は間違えてもOKです。
なら…
実力で解けない問題がその範囲内におさまれば良い…
だから、
そんな難問ばかりやっても意味がないし、
※秋田の公立高校入試という意味では。
自身の志望校に応じて、
取るべき問題を取れるかがカギになります。

その辺も踏まえて…
また今日から。
令和2年になり、
秋田県の公立高校一般選抜まであと65日というタイミングで、
改めて自身がすべき勉強に全力を注いでほしいと思います。

1週間後には15期生の先陣を切って、
入試本番に挑む子もいます。
18日にも、
高専の推薦と本命の入試に挑む子がいます。

年が明け、
完全なる入試シーズンに突入しましたが、
地に足付けて、
一歩一歩進んでいきましょう。
ということで、

2020年も宜しくお願い致します。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です