受験生へ…そして、保護者様方へ

さて…
教室では受験生が本日のラスト教科の演習をしています。
3Aクラスは英語を。
3Bクラスは社会を。
各々のすべきことに真剣に向かっています。

が、今日から明後日までは時短授業となっており、
★午前中
★午後16時以降
は受験生自身に時間の使い方が委ねられます。
私は彼らに、
この期間の午前中と夜の時間の使い方を口酸っぱく伝えていますが、
改めて保護者様方にもお願いです。

大晦日くらい。
元日くらい。
お正月くらい。

今日くらいは、
ゆっくりしても良いんじゃない?

というお声がけはぐっと飲みこんであげて頂けます様お願い致します。
彼らはまだ中学3年生です。
恐らくこの教室を出るときには、
「帰ってからもちゃんとやるぞ!」
そういう気持ちでいます。
が、
自宅に戻り、
ちょっと息つくと、

★ちょっと休憩したらやろう。
★この漫画を1冊だけ読んだらやろう。
★動画を30分だけ見てからやろう。

そういう想いが芽を出し始める子もいると思います。
そんな時には、
我が子の背中をそっと押すようなお声がけをお願いします。

★やりなさい!
★やらなくて良いの?

そういう声がけをすると、
逆切れをするきっかけを与えてしまいます(笑)
よって、
天使のささやきのように…
親御さんなりのお声がけをお願いします。

そして、
夕ご飯の時間です。
大晦日なので、
ご馳走を食べるご家庭も少なくないと思います。
受験生には伝えていますが、
夕食は会話をしながらゆっくり楽しんで下さい。
そして、
頑張りを労い、
励まし、
今努力をすることの大切さを改めて教えてあげて下さい。

ただ、
食事を終えたら、
また温かなお声がけで、
机に向かわせてあげて下さい。

親御さんがゆっくり過ごすことに後ろめたさを感じる必要はありません。
親は親です。
でも、
彼らは受験生です。

今日の夜5時間勉強しなかったら不合格になる?

いやいや違います。
変わりません、結果は。
恐らく。

でも…
今日くらいは…
その積み重ねで過ごしてきたことを今後悔している子が沢山いるのです。
そして、
今日の夜に「今日くらいは…」となった子は、
恐らく明日もそうなります。
明後日もです。

今日出来ない子は明日も出来ないです。

人生にあっても数回です。
こういう年末年始は。
だったら…
折角なら、
トコトン向かわせてあげて下さい。

子どもたちに対しての本当の優しさとは、
今、
一時の感情で、
甘い言葉をかけることではないと思います。

こういう時にこそ、
強くなって欲しいから。
逞しくなって欲しいから。

そして、
志望校に合格した時の、
弾けんばかりの笑顔が見たいから…

だからこそ、
背中を押すような声がけをするのが、
本当の優しさだと思います。

後ろめたさもあるかもしれません。
「今日くらいは」と思うかもしれません。
でも…
親御さんもリアルにご想像ください。

合格発表の日に、
掲示板に我が子の番号が無い…

その時
一番つらいのは誰でしょうか?
一番苦しい思いをするのは誰でしょうか?

絶対に子ども自身です。

そして…
私は思っています。

もし、
もし、
もし念願がかなわなかったとしても…

年末年始だってあんなに頑張った。
毎日毎日あんなに頑張った。

そういう自信があれば、
そういう経験があれば、
しっかりと次のステージに向けての第一歩を踏み出せるのではないでしょうか?

折角の年末に水を差すようなことを申し上げて心苦しいのですが、
15期生全員合格の為に…
我が子の成長の為に…

何卒ご理解とご協力を頂けますよう、
宜しくお願い致します。

キャンパス21塾長
佐々木優吉

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です