生きざまと親子関係

お知らせ~高校部情報~
12月15日(日)15時から高校部の説明会を実施します。既にお問い合わせを頂いております方は以下をご確認頂けますようお願い致します。また、まだ問い合わせてはいないけど興味があるという卒塾生及び保護者様もお気軽にご連絡下さい。
①場所…キャンパス泉教室3階
②時間…15時から恐らく1時間程度
説明会を実施させて頂きます。つきましては、このブログで実施日時をご了承頂けました方は、
✔ライン@
✔メール
✔当HPの問い合わせフォーム
✔この記事のコメント
の何れかにて、

生徒氏名を明記し、「説明会日時確認済」と用件にお入れ頂きご一報下さい。ご面倒お掛け致しますが宜しくお願い致します。お問い合わせを頂いたご家庭で、確認済のご連絡が無いご家庭には、金曜日から随時ご連絡を差し上げる形にしたいと思います。
尚、説明会は原則親子参加という形にさせて頂きますが、その日は模試がある生徒もいるようです。その場合には保護者さまのみでも構いませんので、宜しくお願い致します。

今日は山王中生が定期テストに挑んでいます。
いつも通り…
頑張って来て欲しいと思います。

では、本題です。
昨夜は帰宅後、
食事をとりながらプロフェッショナルを見ました。
出演は…
先日WBSSで優勝した井上尚弥選手でした。

いや~…
めっちゃ面白かったです。
ボクサーとしての彼の生きざま…
男としてあこがれるものがあります。
と同時に、
私が興味を引かれたのは、
その親子関係です。
実は今ある本を読んでいますが、
その本は連続で2周目に突入しています。
その本も親子関係にもスポットを当てた内容がある本なのですが、
どこで痛感するのは、

我が子に対する親の教育方針ってのは正解がない

ってことです。

例えば…
井上選手のお父さん。
私がかなり以前に見たドキュメンタリみたいなのでは、
凄く厳しい指導にスポットが当てられていました。
中には…
あれを見て、
批判的な考えを持つ人もいるでしょう。
が、
私には「すげえな、このお父さん…」という想いしかありません。
しかも…
昨日のテレビで見ましたが、
未だに一緒にロードワークしてるとか(-_-;)
有り得んでしょ?
と思うわけです。
そんなお父さんと井上選手の絆ってのは、
単なる親子というよりも、
父子であり
親友であり
師弟であり
ライバルであり
そんな感じなのかもしれません。
※勝手な想像ですが。
そして、実際のところは分かりませんが…
そこにはほめて伸ばすとか、
しかって伸ばすとか、
そんな意図は全然ないように思うわけです。
厳しい中にも愛情がある…
私もそんな父親になりたい…
率直にそう思いました。

対して、
今読んでいる本に登場するお父さん…
というのは、
現在スペインで活躍する久保建英選手のお父さんです。
文字通り、
お手本のような子育てをされていらっしゃると思いました。
✓息子と1対1をやる時には必ず子どもに勝たせて終わる
✓決して悪いプレーを叱ることはしなかった(指摘しなかったわけではない)
コーチングの鉄則に基づいて声掛けをして、
久保選手の能力をどんどん引き出していったのだと思います。

こうしてみると、
対極的に見える面もあるのですが、
私の中では全く同じスタンスに見えるのです。

子供の成長を願い、
自分も勉強し、
我が子の為に出来る最善を尽くす…

その中で、
子ども自身の成長を促し、
子ども自身の成長を待ち…

これって…
井上選手とか、
久保選手とか…

そういう有名選手限定じゃないと思うし、
自分自身もそういう大人になっていきたい…
心からそう思うわけです。

沢山の塾生の先生というよりは、
父親に近い様な感覚で…
勿論、
我が子に対しては父親として…

しっかり学んで、
私自身が成長していきたいなと…
そんなことを再認識させてくれた、
昨夜のプロフェッショナルでした。

ちゅうことで、
今日もお仕事頑張っていこうと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です