自由研究が凄かった…

まずは、
今日実力に挑んでいる中学3年生…
最後まで頑張って来いよ~!

そして、遅れましたが卒塾生愛香!
この前はお洒落なお土産を有難う!
元気そうだったし、
久しぶりに会えて先生は嬉しかった。
またおいでよ!

さて、タイトルの件に関して。
昨日の日曜日…
受験生は全中模試に挑み、
私はと言えば、
朝息子のサッカーの送り(&チーム練習前にちょこっと自主トレ)
⇒長女の体操観戦
⇒自宅に戻って徒歩で帰宅した息子と3女に昼食を用意(←もちろんカップラーメン&納豆ご飯(笑)
⇒文化会館で小学生の自由研究見学
で、あっという間の1日でした。

娘の体操に関しては、
まぁ…
最初から最後まで彼女らしかったです(-_-;)
体操云々の前に、
演技開始前のお辞儀とか、演技後のお辞儀とか…
頭が下がらないお辞儀…
普段から注意しているものの、
ああいう場で出てしまうという現実…
この辺はしつこく言い続けないといけないな…と。
ただ、演技自体は彼女なりによく頑張ったのだと思います。
少なくとも…
私よりはかなり出来てる(笑)
跳び箱とか、
倒立とか側転とか、
鉄棒とか…
長男と違い自主練も続かない長女ですが、
最近は家でも倒立だけは頻繁にやっていたり…
まぁゆっくり成長を見守りつつ、
教えるべきことはしっかり教えていきたいと思います。

で、午後に訪れた文化会館の自由研究の展示会…
これが本当に面白かったです。
写真をたくさん撮ってきたのでいろいろ紹介したいのですが、
勝手に他人様のものを…
というわけにもいかないので、
小学部や学童の子で見つけられたものだけでも…

他にも、
Cちゃんの書写もありましたし、
去年長男が少年団でお世話になったRの作品もあったり…
非常に楽しい時間を過ごすことができました。

そんな素晴らしい作品を多数見終えて感じたこと…
それは、

子どもの頑張りも素晴らしいが、
親御さんの必死の努力を見て取れる作品が多い

ということです。
これは本当に悪い意味ではなく、
私の中ではかなり良い意味で言っているつもりなのですが、
やっぱり小学生の自由研究って、

子どもがやりたいこと


親も一緒になって勉強したり調べたりして、
一緒に創り上げていくという感覚があると思うんです。
勿論、
子どもが自分自身で全部やるというのも大きな価値と意義があり、
沢山の学びが得られると思います。

が…
「親の知恵」がその助けになることもあると思うんです。
※全部を親がやるというのは勿論論外です。「親もサポートしたり、共に学びながら」という意味です。

ということで、
中途半端ですが社員MTの時間なのでここで一旦アップします

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です