6/27blog②驚愕の内容でした…

2ヶ月くらい前からでしょうが…

書籍に関するなんちゃってオファーを頂いてから、

普段から塾生に伝え、

キャンパス生が実践している勉強方法を、

何かしらのカタチで自塾生に配りたいなと考え、

最近はそれ関係の著書を読んでいました。

お友達の國立先生の本も拝見しましたし、

その他ジャンル的に被りそうな本も読んでいます。

で、当然のことながら色々な本から改めて学びを得ています。

完全に共感できる部分もあれば、

「あ~、そういう考え方もあるのか~」とか。

ただ…

内容的にも速攻で読めそうだったので、

昨日の業務後の時間と今日の日中1時間程度で読もうと思っていたある本…

驚愕の内容でした(笑)

私は塾で小学生・中学生に伝える際に、

「言葉」のチョイスは非常に大切にしていますし、

とにかく「具体的に言語化して」ということを考えています。

そして、それは勉強に限りません。

息子にサッカーを教える際にも、

出来るだけ言語による具体化を意識して教えています。

トラップなら、

もっと小さく

ではなく、

左足を軸にして右足で円を書いた時に、その縁の中に納まるくらいに

とか。

※最初に数回それを教えたら、後は「もっと小さく」とかにしますが。最初に言語化して相手がイメージできるようにすることを大切にしてるってことです。

で、これが勉強のやり方の話になればもっと顕著になります。

✓問題をしっかり読みましょう。

✓家庭学習はきちんとやりましょう。

問題をしっかり読むとはどういうことか?

家庭学習をキチンをというのは、

何をどのようにやるのか?

こういうことが大切だと思っているからです。

が、話を戻して今日読んだ本…

勿論共感できる部分もあったのですが、

※「家庭教師は講師の当たり外れが大きい」という意見など。でも、だからと言って塾>家庭教師というのも安易だなとは思いましたが(-_-;)

が、話を戻して今日読んだ本…

勉強法というフレーズがタイトルにあるのに、

具体性に欠け、

根拠に乏しいことが結構書かれているな、と(苦笑)

まさに「天才」ならでは。

ということで、

勿論唯一の正解は無いし、

毎年どんどんアップグレードされていくものではありますが、

パスポートや塾生のノート法やテキスト法、

その辺も含めて、

ちょっと時間を作りながらカタチにして、

塾生に渡せるようにしていきたいと思います。

コツコツ進めて、

9月くらいにはかたちにしたいな~

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL