ちょっと情けないにもほどがある…

さて…

春期講習ラスト3日目の全授業が終了しましたが、

ちょっと情けないにもほどがある中3生がちらほらいます。

✓NEWSファイルを提出して下さい

もはや固定メンバーです。

毎回言ってますが、紛失したなら言って下さい。

用意しますので。一番配布物が多い中3生なのに、ファイルが無い。

配布物を入れる為のファイルが…

無い。

明日までに返却をお願いします。

※新入塾の生徒は当然まだ渡していませんので、ここには該当しません。

✓結果的に追試の一発合格は1名のみでした

追試の一発合格が1名だった…

この事実自体は本当に残念ですが、

でも一所懸命に練習した「跡(=結果)」が見える子も多数います。

それは良いんです。

頑張った。

一発目のテストに向けての認識の甘さを自覚し、反省し…

それを修正すべく努力した。

それなら良いんです。

私が最もあきれているのは努力の姿勢を見せていない生徒です。

本気で結構頭に来てます。

授業後、

ちょっと大切な打ち合わせの電話があったりで、

追試結果報告を先ほど受けたわけですが、

一昨日の話はどうなった?

ちゃんとやってきます。

と言ったのは誰だ?

良いでしょうか…

部活もあるでしょうが、

リアルに高校入試を1年後に控えている中学3年生が上記のような状況なのに対し、

これから3年後に入試を控える中学1年生の様子がこれです。

今日の16時過ぎの様子です。

13時からの2コマの授業を終え、

今日は6名の1年生が自主的に居残りし、

それぞれが自分のやるべきことに取り組んでいました。

あ…

念の為にですが、

居残りしていないから勉強していないなんてことは全くありません。

今日の宿題を見ても、

※課題はありますが(笑)

どの子も本当にしっかりやって来ています。

春期からアルファベットの勉強からスタートし、

既に形容詞、名詞といった内容もガンガンやっている1年生…

対して、

1ヶ月以上の猶予があったのにたった1枚分の単語を覚えられず、

追試になったというのにその為の勉強も必死にやらない中学3年生…

ギャグですか?

笑かそうとしてますか?

一昨日に伝えたあの話は…

全く意味が無かったのか?

せめて追試くらい絶対に一発合格するぞ!と…

必死の練習を出来なかったのか?

※繰り返しますが、その上での不合格だったのならしょうがない。(今はまだ)そう思います。

何百回だって言います。

頑張るのは、君です。

僕らに出来るのはサポートです。

点数を挙げるのは、君です。

僕らに出来るのはサポートです

もう一度…

考えるべきだと思います。

自分のことなんだから…

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL