受験生らしさと嬉しい成長と。

さて…

あっという間の木曜日ですが、

今日も9時から学童支援員の研修に参加してきました。

ここ最近は長男と長女の登校に合わせ、

犬の散歩だけでなく次女と3女の散歩もしていたので、

今日はそれをカット。

※3女だけはゴミ捨て場まで一緒に歩いただけで満足してましたが。

まぁ、

毎日同じルーティンの方が好きな私ですが、

こういうのも良いなと…

最近思ってきました。

学童の支援員研修が終わってからも何か考えて、

午前中の過ごし方を何パターンか作ろうかな…と思ってます。

さて、本題です。

まずは昨日、1つ嬉しいことがありました。

※いや、正確には沢山あるのですが…小学1年生がドリルを完成し、進級テストも満点でいよいよ次から2年生内容に入れる!とか、3A、3S共に一部の子を除けばCTもまともな点数を取るようになってきた事とか、道場部の子が学校のテストで今まで苦戦していたテストで前進が見られ、点数的にも伸びてきたこととか…

というのも、小学6年生のある男子生徒…

これまで、

何度も何度も何度も何度も何度も何度も言ってきました。

丁寧に書きなさい!

と。

それはそれは何度も繰り返し伝えてきたわけです。

が、中々改善されず早数年…

そんな彼が、昨日は別人でした。

漢字テストで書いた字も、

その直しで練習した字も。

過去最高に丁寧で綺麗な字でした。

いやね…

感動するわけです。

やれば出来るんじゃんか!

と。

で、ついでに聞いたわけです。

今日はなんでこんなにていねいに書けたのか?

何で今日の字はこんなに上手なのか?

と。

そしたら、彼は言いました。

疲れてたから(/・ω・)/

はい、謎です。

でも、そんなのどうでも良いわけです。

私の中では。

今までにない丁寧な字をテストで書き、

間違えの練習もそれはそれは丁寧に書いていた。

もうね…

彼にも伝えるわけです。

次からはクタクタに疲れて登塾してくれ!

と。

あとは…

これが明日も継続されるのか…

大切なのはそこですね。

しっかりと継続出来るようにサポートしていきたいと思います。

で、もう一つの表題の件ですが、

日々少しずつ、少しずつ進めているテスト直しノートの添削でのことです。

※現在全学年の授業案や個別と一斉、三者面談の日程調整、経理作業にキャンパスNEWS、合宿からみの調整等毎日てんてこ舞いの海です。まぁ、楽しいからいいけど。

定期の直しノートは1・2年生も(出す子は)提出しているので、

それと比較するとやはり3年生の直しノートがひと際際立つようになってきました。

完全に質が違います。

まぁ、一番は目的です。

提出する為

じゃなくて、

自分の勉強の為、次のテストに繋げる為

になっている子がかなり増えてきました。

良いですね…

本当に良い傾向だと思います。

先述しましたが、

昨日の一斉授業のCTでも、

テスト直しノートでも、

受験生らしさが出てきたのは喜ばしことです。

あとは…

それをガンガン加速させて下さい。

何度も言いますが、

頑張るのは君です。

私も最大限出来ることはやっていきますが、

それ以上に大切なのは君自身の頑張りです。

そして、

それは絶対に継続性が無ければいけません。

今回の実力テスト…

結果は上がっている子の方が圧倒的に多いですが、

※その程度は個人差はあれど。

だからと言って次も上がるなんて保証もありません。

いや、絶対に下がることもあると思っておいた方が良いでしょう。

その繰り返しで相対的に上昇していくので。

だからこそ、継続です。

調子にのらず、

結果を自信に変え、

辛い時期も自分に、他人に負けずに…

踏ん張って欲しいと思います。

頑張れ、キャンパス生!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL