【夏期講習16日目】話を聞くということ

まずはお礼からです。

小学生Mいちゃん。

小学生Hかちゃん。

そしてとぼりんにRたろー。

わざわざのお土産、本当に有難う!

居残り自学生と講師陣で美味しく頂きました。

心遣いに感謝です。

そして、受験生の保護者様へ。

昨日、欠席の生徒を除き9月2日の模試の案内を配布しました。

裏面には夏休み以降の

☑受験生補習について

☑10月からの時間割変更について

などの大切なご案内も併記しています。

昨日塾生には伝えましたが、

スマホを持っている生徒はSNSや動画視聴に使うくらいなら、

こういう大切な書面を写真に撮って、

直ぐに確認できるフォルダを作るように!

とも伝えました。

※携帯を所有することに賛同しているわけではありません。携帯を持っていて、それを有効活用しよと思うなら…という意味です。私もそうしています。

ここから入試まで…

本当にあっという間ですが、

この高校入試を通して勉強面のみならず、

様々な面で成長していけるように努めて欲しいと思います。

さて、表題の件です。

昨日からの夏期講習後半戦再開と同時に、

私の午前中の授業担当は「小学5・6年生部」に変わりました。

ここまでの講習会の様子を哉子Tから報告も受けていましたので、

それを踏まえての昨日の授業となりました。

私が5年生部の授業を担当するのは初めてだったわけですが、

素晴らしい姿勢で授業を受け、

演習に取り組む子もいる一方で…

「話を聞く」ということが中々出来ない子もいました。

これ…

直ぐになんとかなるものではないのですが、

早急に手を打たなければ今後ずっと尾を引くことになります。

話をなかなか聞けない子の特徴として…

☑顔が上がっていない(中にはメモを取っていて、話をしっかり聞いている子もいます。稀ですが)

☑顔は上がっていても視線が合わない

☑授業以外でも会話が成立しない

他にもありますが、そういう傾向が見受けられます。

昨日も…

「先生がKという印をつけて線を引いているところは、蛍光ペンで線を引いてね?」

と言っているそばから…

ボールペン(-_-;)

「1問解いたら、必ず1行空けて次の問題にいくんだよ!」

と言った次の瞬間に、行を空けずに次の問題へ( ;∀;)

その都度、

周囲の生徒からは微笑ましい笑が起こるものの、

全然笑えないワタシ…

※ちなみに、その辺の「ルール」は普段の授業時と変わりませんが、私としては初めて担当するクラスなのでその辺のルールも一から確認しただけです

ただ、先述の通りです。

ここは、短期間で何とかなるものではありません。

こっちから働きかけ、働きかけ、

1ヶ月後か半年後か1年後か…

もしくは10年後か分かりませんが(-_-;)、

そのタイミングを「待つ」しかありませんので、

前進に繋げて貰える様に…

努めていきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL